室蘭工業大学 理工学部 創造工学科 建築土木工学コース 木幡 行宏 教授

動画を閉じる

地盤の研究は地味だが夢がある!

30分のミニ講義を聴講しよう! 地震にも強い新しい地盤に造り変える技術

地盤造りにおいて、掘削工事で発生する土を再利用する技術と、地震や交通荷重などの繰り返し荷重を受けた場合にも、粘り強い耐震性のあるものに造り変える技術について学びます。これらの技術は、地盤工学という学問の応用で、地盤改良技術に使われています。

先生からのメッセージ

先生画像

人は地面を踏みしめ、地盤の上で暮らしています。土の特性や地盤の状態については、かなり研究が進んでいます。ですから、集中豪雨などで土砂崩れが起きても、そこを調査して崩れた原因を突き止めることは、比較的簡単です。ただしそれを予測するのは難しいのです。
そこで土砂崩れを防ぐための工法や新素材の開発などの研究が次々と生まれています。地盤工学はいわば縁の下の力持ちの学問です。普段はなかなか地盤に目を向けることはないでしょうが、地盤工学は人が暮らす上で欠かせない研究であり、やりがいがあります。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

室蘭工業大学

室蘭工業大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 地盤の特性を分析し、防災や環境対策を支える「地盤工学」とは?

人が暮らす大地を研究する 地面、つまり地盤は人の生活になくてはならないものです。もしそれが軟らかかったら私たちは暮らせません。ですから、建物や道路を造るときには、まず地盤調査が欠かせません。その地盤がどういう性質を持ち、強さや軟らかさがどれぐらいのものなのか、またどう変形するのかなどを調査し、万が一地盤が弱かったり軟らかすぎたりする場合には、水を抜いたり強化したりという対策を行います。その調査のために必要な知識が、土質力学や地盤工学です。 土の特性を調査する土質力学 土の中には必ず水分が含まれています。土の粒子がくっついているところに水が入り込み、雨や地震で粒子同士の粒を引き離してしまうと、土砂崩れや液状化現象などが起こります。そこで、土の成分特性や、土の中にどれだけの水が入っているかを調べ、地盤内の圧力や安定度を測るのが土質力学です。
例えば、粘土は粒子がつながる力が強いのが特徴ですが、軟らかく、時間をかけて水が抜けていくため、粘土質の地盤に建造物を造ると、その重さで次第に地盤沈下が起きていきます。事前の地盤調査でそういった地盤の特性がわかっていれば、地盤沈下の速度や程度も計算に入れた上で建造物を設計できるのです。
環境対策や新素材開発にも生かされる地盤工学 地盤調査を元に、土質力学によって地盤の特性を見極めた上で、地盤改良を行うのが地盤工学分野の研究です。さまざまな建造物を支える地盤の強さや、地盤沈下の原因となる変形のしやすさなどを調査し、そのメカニズムを解明し、沈下を少なくするにはどうしたらよいかを実験・研究します。その中で、水はけをよくする素材や工法の開発なども行います。
こうした地盤改良の研究は、豪雨や台風、地震などの災害現場の調査や防災にも生かされています。さらには原子力発電所の廃棄物を土中に埋める廃炉地盤工学、汚染された土壌の浄化などの環境地盤工学など、環境対策にも生かされています。

先生からのメッセージ

先生画像

人は地面を踏みしめ、地盤の上で暮らしています。土の特性や地盤の状態については、かなり研究が進んでいます。ですから、集中豪雨などで土砂崩れが起きても、そこを調査して崩れた原因を突き止めることは、比較的簡単です。ただしそれを予測するのは難しいのです。
そこで土砂崩れを防ぐための工法や新素材の開発などの研究が次々と生まれています。地盤工学はいわば縁の下の力持ちの学問です。普段はなかなか地盤に目を向けることはないでしょうが、地盤工学は人が暮らす上で欠かせない研究であり、やりがいがあります。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

室蘭工業大学

室蘭工業大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

室蘭工業大学
理工学部 創造工学科 建築土木工学コース 教授
木幡 行宏 先生