30分のミニ講義を聴講しよう! VR~現実と仮想が交差する世界~

ヴァーチャルリアリティ(VR)には、本当にさまざまな技術や手法があります。そのシステムや作品を紹介しながら、実際に使われているVR技術を学んでみましょう。そこには、現実と仮想が交差する面白い世界が広がっています。

受講した高校生のコメント

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

バーチャルリアリティは、本当はそこにないものを実際にあるかのように人に感じさせる技術のことをいいます。例えば、現実では使えない魔法をコンピュータの中で実現してみせたり、実際にそこに行くことなく未知の世界に行った感覚が得られたりします。
私はこの技術を、小説や漫画、映画の世界を実現することができる、とても夢のある技術だと考えています。だからこそ、新しい技術を生み出したら、すぐにでも体験できるシステムや作品としてまとめ、多くの人に実感してもらいたいのです。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

夢ナビ講義も読んでみよう 現実と仮想世界が交錯する! ~VRが作る新しい「体験」とは~

バーチャルリアリティとは何か バーチャルリアリティは、実際には存在しないのに、あたかもあるかのように感じさせてくれる技術です。現実の風景やモノの上に仮想世界をうまく重ねる拡張現実(AR)や、逆に仮想世界の中に現実の情報が入り込む拡張仮想(AV)など、さまざまな方法で人に仮想世界を実感させます。例えば、現実の世界に仮想世界のキャラクターが出現する「Pokemon GO」はARですが、現実と仮想世界の質感が明らかに異なっています。もし2つの境界が不確かになり、お互いに接触しはじめると、現実なのか仮想世界なのかわからない不思議な感覚を体験することができます。 箱の中で実際には存在しないボールが跳ねる 現実と仮想世界が連動して動く世界を作ってみましょう。現実に存在するのは、人と立方体の白い箱です。立方体のそれぞれの角にはマーカーを取り付けます。また、立方体の中にはさまざまな色のボールがあると想定して、箱の動きに応じてそれぞれのボールがどのように動くかというアルゴリズムをあらかじめ作っておきます。人と箱をカメラで撮影すると、コンピュータがマーカーを検知して、箱の位置、動くスピードを把握します。すると箱の動きに合わせてボールの動きが計算され、その映像をプロジェクタで箱に映し出すのです。さて、実際に人が箱を持ち移動しながら、前後左右に動かしてみましょう。存在しないボールがあたかも箱の中で跳ねているかのように見えます。 VR映像のガラスを人が破壊する 仮想世界に現実の人が入り込み、人と仮想世界が接触する世界を作ってみましょう。スクリーンには仮想的なガラスの板が投影されています。その中に実際の人が入っていきます。人は距離を計測できるカメラで撮影されていて、リアルタイムにその位置が把握されています。また、人の表面にはガラスとぶつかることのできる球状のデータが大量に作成されています。人のデータがガラスに触れ、強い力が加わるとガラスを破壊します。こうして人はガラスを割る体験をすることができるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

バーチャルリアリティは、本当はそこにないものを実際にあるかのように人に感じさせる技術のことをいいます。例えば、現実では使えない魔法をコンピュータの中で実現してみせたり、実際にそこに行くことなく未知の世界に行った感覚が得られたりします。
私はこの技術を、小説や漫画、映画の世界を実現することができる、とても夢のある技術だと考えています。だからこそ、新しい技術を生み出したら、すぐにでも体験できるシステムや作品としてまとめ、多くの人に実感してもらいたいのです。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

久留米工業大学
工学部 情報ネットワーク工学科
准教授 工藤 達郎 先生