近畿大学 産業理工学部 建築・デザイン学科 小池 博 准教授

動画を閉じる

人のための建築をめざして

30分のミニ講義を聴講しよう! 使う人のための建築をめざして

求められる設計デザインは時代とともに変化します。従来の個性的で使い方が限定された建物ではなく、今は周辺環境を尊重し、使う人が使い方を選べる空間づくりが求められています。建築や空間造形の提案で、さまざまな問題を解決する手法を紹介します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

建築・デザイン学科では、建築とデザインの両方を学ぶことができ、90名の定員に教員が11名と、学生と教員の距離が近く、手厚い学習・就活支援を受けることができます。研究設備も充実しており、就職率も高く、2016年3月の卒業生は大学院への進学も含め就職率100%を達成しました。就職先も幅が広くなっています。
やる気さえあれば本当に充実した学生生活を送ることができ、就職へつなげていくことができます。文系の学生も、建築やデザインに興味があれば大歓迎です。あなたも興味があればぜひ一度大学を訪ねてください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

近畿大学 産業理工学部

近畿大学 産業理工学部案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 地域や使う人のためのまちづくり・建築をめざして

今求められている設計デザインとは? 求められる設計デザインは時代とともに変化しています。バブル時代は個性を発揮したユニークな設計デザインが尊重されました。しかし、現在は地域の特性や周囲の環境、住んでいる人の文化や歴史を受け継いで、そこから新しい価値を生み出す設計デザインが重視されています。建物の形という「モノ」への関心から、社会や文化、歴史という「人」への関心に、建築設計の中心が移行しているのです。 「美」や機能性による建物の規制 建築設計では、地域によって建ぺい率や色、高さなどの数値規制があります。これらは既存建物と調和させ、住みやすさを阻害しないように決められたルールです。しかしそれだけでなく、美や機能性といった定性的な要素も緩やかに規制しようという動きがあります。その主体となるのは地域住民です。住民が話し合ってルールを決め、ビルのような大型建築物だけでなく個人の住宅もその規制に従うことで共有の財産となる街並みが形成されます。人の流れを左右する路地、窓のリズム、外壁の素材、建築要素の基線などを調和させたり、あえて変化させたりすることで新しい美や機能性を持った街並みをつくり、地域全体の住みやすさ、心地よさをめざそうとしているのです。 定性的な要素を説明する能力も必要に 建物の構造も、より長く使えるように、また多彩な利用法に対応できるように、可変的・可塑(かそ)的なものにする試みが行われています。従来の建物は、最初から部屋と機能が1対1に対応していました。しかし使用目的を限定せず、床レベルやマテリアルなどの差異を設けるだけで、利用法は利用者に任せる設計が出現しています。
このような新しいまちづくり、新しい設計で重要になってくるのが、コミュニケーション能力です。設計能力だけでなく、定性的な要素をわかりやすく説明するための技術、例えばVR(仮想現実)技術や、事例から特徴を見出す統計技術、定性的要素を見える化するシミュレーションなど、新しい対話のためのスキルが必要になっているのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

建築・デザイン学科では、建築とデザインの両方を学ぶことができ、90名の定員に教員が11名と、学生と教員の距離が近く、手厚い学習・就活支援を受けることができます。研究設備も充実しており、就職率も高く、2016年3月の卒業生は大学院への進学も含め就職率100%を達成しました。就職先も幅が広くなっています。
やる気さえあれば本当に充実した学生生活を送ることができ、就職へつなげていくことができます。文系の学生も、建築やデザインに興味があれば大歓迎です。あなたも興味があればぜひ一度大学を訪ねてください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

近畿大学 産業理工学部

近畿大学 産業理工学部案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

近畿大学
産業理工学部 建築・デザイン学科 准教授
小池 博 先生