動画を閉じる

筑波技術大学 産業技術学部 産業情報学科 谷 貴幸 教授

小さな雷で形をつくる! 放電加工の世界

小さな雷で形をつくる! 放電加工の世界

筑波技術大学 
産業技術学部 産業情報学科

谷 貴幸 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!小さな雷で形をつくる! 放電加工の世界

ものづくりを支えている加工法の一つである、放電加工について紹介します。放電加工とは、人工的に小さな雷を発生させ、材料を少しずつ溶かしながら形を作る技術です。可視化技術によって観察された雷の中での材料の挙動から、加工の面白さを感じてください。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

筑波技術大学は、聴覚と視覚に障がいのある学生を対象に教育しています。例えば、私の専門でもある、鉄よりも硬い超硬合金を加工する「放電加工」という技術など、専門的な勉強も、手話を使って学ぶことができます。
私自身の学生時代を振り返ってみると、柔道部の顧問の先生、研究室の先生など、たくさんの良い先生と巡り合えたことが、いまの私を作っている気がします。あなたも人との出会いを大切にしてください。そして、放電加工に興味があれば、ぜひ私の研究室に来てください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

筑波技術大学

筑波技術大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう鉄よりも硬い金属を複雑に加工できる「放電加工」の世界

雷を起こしながら硬い金属を加工する 物を大量生産する際、多くの場合、金型と呼ばれる型が使われます。金型を作る際には、鉄よりもさらに硬い超硬合金が多く使われるのですが、それを加工するために「放電加工」という技術が使われています。放電加工は、第二次世界大戦の頃、旧ソ連のラザレンコ夫妻が発明した、金属を電気エネルギーによって加工するという技術です。銅などの電極を使い、1秒間に数万発の雷を人工的に起こして、少しずつ金属を溶かしながら形を作っていきます。
ドリルなどの切削工具では、自分よりも硬い素材は加工できませんが、雷に硬さは関係ないため、ドリルにはできない超硬合金の加工ができるのです。
10ミクロンの小さな穴も開けられる 放電加工は、硬いものだけではなく、細かい加工も得意としています。一番小さなものでは、10ミクロン(1ミリメートルの100分の1)の大きさの穴を開けることが可能です。レーザーやドリルも技術は進化してきていますが、これほど小さい穴を開けることはできません。こうした特性を生かして、車のガソリンの噴射ノズルやインクジェットプリンターのノズルなどの加工にこの技術が使われています。
開発された当初は電極の摩耗が課題でしたが、最近は電極の消耗を抑えたまま加工ができる「ワイヤーカット放電加工」もあり、普及してきています。また、放電する際に表面の素材が溶けて、別の素材と混ざることを利用した表面改質というコーティング技術を使い、航空機の部品にも応用されています。
メカニズムを解明して、弱点の解消を 放電加工は万能な技術にも見えますが、エネルギー効率が悪く、作業スピードが遅いという弱点があります。また、放電した際に材料がどのように溶け、どのように飛散しているかというメカニズムもわかっていません。ハイスピードカメラでも、細部まで鮮明な撮影ができないのです。もし、こうしたメカニズムがわかれば、スピードアップが可能になり、まさに万能となるかもしれません。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

筑波技術大学は、聴覚と視覚に障がいのある学生を対象に教育しています。例えば、私の専門でもある、鉄よりも硬い超硬合金を加工する「放電加工」という技術など、専門的な勉強も、手話を使って学ぶことができます。
私自身の学生時代を振り返ってみると、柔道部の顧問の先生、研究室の先生など、たくさんの良い先生と巡り合えたことが、いまの私を作っている気がします。あなたも人との出会いを大切にしてください。そして、放電加工に興味があれば、ぜひ私の研究室に来てください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

筑波技術大学

筑波技術大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

筑波技術大学
産業技術学部 産業情報学科 教授
谷 貴幸 先生