30分のミニ講義を聴講しよう!

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

遊びから音楽を生み出すワークショップを通して子どもの感性、創造性、想像力を育んでいく研究に取り組んでいます。私たちの身の周りには、さまざまな音楽があふれていますが、子どもはそれ以外にも、風の音、人が歩く音、鳥の声なども区別することなく全部同じように聞いています。
3~5歳くらいの子どもたちと音楽を作る遊びをしていると、専門家の私でもはっとするような豊かな表現、最先端の現代音楽とも言えるような音に出会うことがあります。幼児教育は、大人が自由に表現することの素晴らしさを再認識できる場でもあるのです。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

愛知教育大学

愛知教育大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 音楽を通して体験する子どもの世界

「表現」はとっても大切 人が生き生きと生きていく上で、思いや感情を表現することは欠かせない行為です。3歳から5歳くらいまでの幼児期に表現力を養うことは、子どもの心身の発達にとって非常に重要ですが、まだ言葉を十分に獲得していないこの時期には、遊びを通じて自由に感じたことや考えたことを表現する経験が必要です。
この年齢の子どもたちは、見るもの、聞くものを、大人とは違う感じ方で受け止めています。また、現実と空想の世界が混ざった独特の表現をします。それを保育者、教育者、保護者など周りの大人が認め、共感的に受け止めることによって、表現することの楽しさを味わえるようにすることが大切です。
こんなにクリエイティブ! 子どもの遊びの世界 遊びを通して子どもはさまざまな発見をし、生きるために必要な多くのことを学んでいきます。そして、子どもには「現実の世界」と「空想の世界」の区別もありません。
例えば、大人は聞こえてくる音を「音楽」「会話」「雑音」のように意味づけて区別しますが、子どもはすべて同じように音楽として楽しむことができます。「鳥が歌っている」という表現は、大人にとっては比喩ですが、子どもは本当に歌を歌っているように感じたり、心のスイッチ一つで、自分が鳥になることもできます。
そのようなときに、周りの大人が子どもの表現に共感することによって、子どもは安心して自分の世界に没頭でき、表現力が育っていきます。
音楽って?? 学校の音楽の授業ではさまざまな世界の音楽を学びます。では、私たちはいつから「音」と「音楽」を分けて聴くようになったのでしょう? 思い込みを外して、風の音、街の雑踏の音を聴いてみると、さまざまなリズムや旋律、響きがあることに気づきます。これらは音楽の三要素、つまり「音楽」そのものと言えます。
音楽を「教える」のではなく、遊びと音楽を結びつけた多くの体験を通して、何より子どもと一緒になって表現を楽しむことが、子どもたちの好奇心や探究心を刺激し、表現力を豊かに養うことに繋がります。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

遊びから音楽を生み出すワークショップを通して子どもの感性、創造性、想像力を育んでいく研究に取り組んでいます。私たちの身の周りには、さまざまな音楽があふれていますが、子どもはそれ以外にも、風の音、人が歩く音、鳥の声なども区別することなく全部同じように聞いています。
3~5歳くらいの子どもたちと音楽を作る遊びをしていると、専門家の私でもはっとするような豊かな表現、最先端の現代音楽とも言えるような音に出会うことがあります。幼児教育は、大人が自由に表現することの素晴らしさを再認識できる場でもあるのです。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

愛知教育大学

愛知教育大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る