30分のミニ講義を聴講しよう! アート教育は世界を救う?

多様性の時代において、これまでの学校教育の体質を変える1つがアートの力です。アートは、私たちの身近にさまざまに存在しています。アートに潜む「力」とは一体なにか、教育の既成概念を問い直す学びの可能性を探ります。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私は、身体性を重視するアート教育の研究をしています。図工・美術の授業をよりよくするための実践的な研究です。学校教育は、ややもすると堅く、息苦しくなりがちです。それに対して、図工や美術のようなアートの授業というものは、多様性を前提にして「当たり前」の既成概念を問い直し、新たな意味や価値をつくりだすことができる時間です。
ですからアートの教育は、身近な生活や学校、社会を変えていくこと、つまり世界の更新に寄与するものです。その可能性を、一緒に探っていきましょう。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

群馬大学

群馬大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう アート教育を「身体性」から読み解く

「身体性」を重視するアート教育とは 小学校の図工や中学・高校の美術の授業は、形・色・イメージといった、造形要素を中心とした教育ですが、そこに、身体性を重視した表現とコミュニケーションを基盤に据える学びを「アート教育」としてとらえています。私たちの生活や世界はあらゆる造形要素で満たされています。それを頭だけで考えず、からだ全体や物事と対話し、実感として学んでいこうという考え方です。
例えば、おせち料理とはどういうものかを調べて、自分たちでつくって、重箱に詰めてみるというのも、アート教育の一環です。アートとは、衣食住といった生活や身近な社会に根差し、人が生きるとはどういうことかを問い直すものでもあるのです。
世界と対話する能力を育む 従来の学校教育は、できるかできないか、正解か不正解か、が重視される傾向にあります。その中で、我々も子どもも「~あらねばならない」という価値に縛られがちです。
それに対し、図工や美術という教科は、「問い」そのものをつくりだす時間です。「問い」や「気づき」というのは、自分の状況や取り巻く社会を客観視することです。そして、世界と対話することを学び、自分の中に納得する「答え」を見つけていきます。アート教育で身につくのは、上手に描く技量ではなく、気づき、世に問う=世界と対話するための能力です。
「生」を実感しづらい子どもたち 現代の子どもたちは、「生」を実感しづらくなってきています。スマートフォンやゲーム機を操作しているだけだと、「からだ(心身)」で理解できることが少なくなっていきます。それは、自己肯定感の低下や自他の存在=「生」の希薄化につながるので、まずは子どもの身体性を活性化させる必要があります。
アートは、そのための原動力です。身体性を活性化すれば、その人の個性が具体化されます。すると他者の個性を受け止めやすくなり、対話が広がるきっかけにもなります。身近なものを見る目、そして世界と対話する力を養うことで、よりよい社会をつくりだす素地ができていくのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私は、身体性を重視するアート教育の研究をしています。図工・美術の授業をよりよくするための実践的な研究です。学校教育は、ややもすると堅く、息苦しくなりがちです。それに対して、図工や美術のようなアートの授業というものは、多様性を前提にして「当たり前」の既成概念を問い直し、新たな意味や価値をつくりだすことができる時間です。
ですからアートの教育は、身近な生活や学校、社会を変えていくこと、つまり世界の更新に寄与するものです。その可能性を、一緒に探っていきましょう。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

群馬大学

群馬大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る