動画を閉じる

京都工芸繊維大学 工芸科学部 デザイン科学域 デザイン・建築学課程 木下 昌大 助教

最適化する建築―持続可能な風景をめざして

最適化する建築―持続可能な風景をめざして

京都工芸繊維大学 
工芸科学部 デザイン科学域 デザイン・建築学課程

木下 昌大 助教

30分のミニ講義を聴講しよう!最適化する建築~持続可能な風景をめざして

私たちの住む街の風景をかたちづくる大きな要素のひとつが建物です。長い時間をかけて作り出される美しい風景を生み出すには、長い時間使い続けられる建築を実現する必要があります。持続可能な風景をつくるための「最適化する建築」についてお話しします。

先生からのメッセージ

先生画像

何もないところに引く一本の線が、社会で本当に使われる空間として立ち上がり、使った人に喜んでもらえるところが建築の面白いところです。思い通りにならないこともありますが、想定以上の新しい使い方をしてもらえることもあります。建築のことがわかるようになると、周りの建物を見たときに、構造、素材、コスト、社会的意味などさまざまなことが見えてきます。街の見方が変わってくると、いろいろな国に旅することもより楽しくなります。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

京都工芸繊維大学

京都工芸繊維大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう社会環境や自然環境に最適化された、持続する建築とは?

持続可能(サスティナブル)な建築のデザインとは 建築は、街の風景の中に占める割合が大きいものです。例えば、ヨーロッパでは、築100年超の建物を修復して住む習慣があり、日本でも京都などでは、寺社仏閣の修復、古い町屋の再利用などにより、古くからの建築物は美しい景観を保つ一因となっています。これらの事例から、建築物は、工学的な側面のみならず文化的側面が備わってはじめて、使い続けられていくことがわかります。しかし、日本では多くの場合、収益性の観点などから古い建物は壊され新築される傾向にあり、風景が醸成されにくい状況です。古い建物をいかに修復して活用するか、新しく建物を建てる時にはいかにして持続性のあるものにするか、といった視点が重要です。 最適化する建築 日本では、バブル期に「ハコモノ」と呼ばれる公共施設が多く建てられ、その建設費のみならず維持費について多くの疑問が投げかけられました。また、それらの建物は近年修復し活用されることなく、建て替えられている有様です。
これに対し、設計の段階であらゆる条件を取り込み、将来的に条件が変わっても対応できるような柔軟性をもった建物ができないかを、模索する必要があります。建てることで、環境が人にとって最適な状態に変化していくような建築です。
建築の可能性 例えば、昨今、人口密度の高い住宅街で、保育園不足という課題に対し、近隣住民から騒音を理由に建設が反対された例が話題になりました。人口密集地だからこそ保育園が必要なのに、密集しているがために騒音問題が起きるという矛盾に対し、建築のつくり方を工夫することで、子どもたちがのびのび過ごせると同時に、周囲の人々もその存在を快く受け入れることのできる、程よい距離をつくり出すことができます。与えられた環境が常にいい状態でバランスし、最適な状態に保たれるような建築のあり方が求められているのです。

先生からのメッセージ

先生画像

何もないところに引く一本の線が、社会で本当に使われる空間として立ち上がり、使った人に喜んでもらえるところが建築の面白いところです。思い通りにならないこともありますが、想定以上の新しい使い方をしてもらえることもあります。建築のことがわかるようになると、周りの建物を見たときに、構造、素材、コスト、社会的意味などさまざまなことが見えてきます。街の見方が変わってくると、いろいろな国に旅することもより楽しくなります。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

京都工芸繊維大学

京都工芸繊維大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

京都工芸繊維大学
工芸科学部 デザイン科学域 デザイン・建築学課程 助教
木下 昌大 先生