動画を閉じる

札幌学院大学 心理学部 臨床心理学科 斉藤 美香 准教授

無意識について学びましょう

無意識について学びましょう

札幌学院大学 
心理学部 臨床心理学科

斉藤 美香 准教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!無意識について学びましょう

私たちはどのくらい自分のことを知っているでしょうか? 精神分析の創始者であるフロイトは無意識が私たちの態度や言動に影響を与えていることを発見しました。心を守る働きをしている無意識について紹介します。よりよく生きるためのヒントが隠されています。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

今まで、カウンセラーに国家資格はありませんでしたが、2017年に心理職初の国家資格「公認心理師」法が誕生しました。ストレス社会では「心の専門家」がますます求められています。臨床心理学を学ぶことで、生きる知恵を得ることもできます。
本学は、北海道で歴史のある臨床心理士養成指定校で、さまざまな臨床領域に卒業生を送ってきた大学院臨床心理学研究科を擁しています。学部卒業後に臨床心理学研究科で必要な科目を履修すると、公認心理師と臨床心理士、両方の受験資格取得をめざせます。ぜひ一緒に臨床心理学を学びませんか?

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

札幌学院大学

札幌学院大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようどうしたら心の「SOS」信号をとらえられるのか?

青年期のメンタルヘルスを支えるために ストレス社会の現代では、5~10人に1人がうつ病になるとも言われ、心の病は身近なものとなりました。臨床心理学におけるメンタルヘルス分野では、そうした症状に陥る人の心理的要因の分析や、彼らを手助けするための研究をしています。
特に、高校生や大学生、新社会人などの青年期は、心のバランスを崩すことも多く、カウンセリングや予防プログラムの構築が急がれています。
「心のSOS」を相談できない 精神分析学によれば人は誕生から乳児期、児童期、思春期、青年期と進む中で、いくつもの発達課題をクリアしながら精神的に成長し、社会に出る頃には、自分なりのアイデンティティを築き上げていきます。しかし、どこかでさまざまな事情により発達課題に積み残しがあると、精神のバランスを崩してしまうこともあります。そうなったときに、誰かに相談できたり、自分で解決できたりするとよいのですが、一人で抱え込んでしまうケースが多いのです。
日本人には「恥」の概念が根強く、人からどう見られるかを非常に気にして、自分の弱みを人に相談するのは恥ずかしいと思う傾向があります。また、人と上手にコミュニケーションが取れないことがコンプレックスとなり、ますます誰にも相談できないという人も多くいます。そうした「心のSOS」の状態を自分自身で気づき、対処方法を身につけ予防を高めようとするのがメンタルヘルスの研究です。
実践的予防プログラムを構築 メンタルヘルス研究では、心理状態の研究だけでなく、効果的な予防プログラムの開発研究も行っています。悩みを抱える人が他者に助けを求める行動を「援助要請行動」と言いますが、そのSOS信号をいち早くキャッチするにはどう接するのがよいのか、相談しやすい環境を整えるにはどうすればよいのか、具体的にどんな聞き方をすればよいのかなど、さまざまなデータをもとにプログラムをつくっています。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

今まで、カウンセラーに国家資格はありませんでしたが、2017年に心理職初の国家資格「公認心理師」法が誕生しました。ストレス社会では「心の専門家」がますます求められています。臨床心理学を学ぶことで、生きる知恵を得ることもできます。
本学は、北海道で歴史のある臨床心理士養成指定校で、さまざまな臨床領域に卒業生を送ってきた大学院臨床心理学研究科を擁しています。学部卒業後に臨床心理学研究科で必要な科目を履修すると、公認心理師と臨床心理士、両方の受験資格取得をめざせます。ぜひ一緒に臨床心理学を学びませんか?

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

札幌学院大学

札幌学院大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

札幌学院大学
心理学部 臨床心理学科 准教授
斉藤 美香 先生