30分のミニ講義を聴講しよう! 戦争と「人間」~日本の戦後文学を読む~

私たちが現在享受していると信じられている平和な日常と「人間」らしい生活は、戦争や自然災害といったさまざまな厄災を裏面に抱え込みながら成り立つ、壊れやすいものです。人間が人間でなくなる体験としての戦争を、文学の言葉からとらえ直します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

文系の学部をめざすのであれば、学校や受験に必要な勉強だけでなく、広く社会に目を向けましょう。具体的には教科書以外の書物にできるだけ多く触れるのがいいでしょう。現在はデジタルで手軽に多くの情報が簡単に手に入ることから、本当に読まれるべき本がかえって読まれていないように感じます。
読むべき本がわからなければ、高校の先生をはじめ信頼できる人に聞くのもいいでしょうし、古典を読むのも一つの手です。なぜなら古典は、長い時を経てすぐれた作品であると認められているものだからです。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

神戸大学

神戸大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 文学作品研究を通して多様な人間観に触れ、寛容性を養う

他者を知り寛容性を育む文学作品研究 文学作品の研究とは、私たちが生きている現在の文化や経験とは異なった文化に触れることです。過去の文学作品と向き合うことで、今とは異なる文化を知ることができます。
文化とはなんでしょう。一つには価値観があります。例えば、何を美しいと感じたのか、美的な体験とは何だったのかということを作品の中に探っていきます。それが他者を知ることにつながります。自分だけの世界は狭く限られたものですが、自分が経験していないものを研究することで寛容性が養われます。自分が知らないものがあるという想像ができることを、教養と呼びます。教養は、生きていく上での力となるのです。
議論しながら掘り下げる 例えば、三島由紀夫をはじめとした昭和初期のロマン主義文学は、高校の現代文の教科書にも採用されています。正しく読むことが大前提で、言葉に潜んでいる意味や文脈を丁寧に掘り起こしていくことが、文学作品研究の初歩的なアプローチです。しかし、文学作品研究においては、国語のテストのように答えが一つではありません。読み手によって解釈は多様ですから、異なる意見を議論しながら突き詰めていくことが作品研究には求められます。議論しながら作品を掘り下げていくことで、作品の理解が深まります。 心理学、哲学、社会学も総動員 文学作品と向き合うとき、新聞や雑誌をはじめとした資料にあたって、その作品が書かれた時代の歴史を知ることも必要です。登場人物の心情を読み込むには心理学の素養も求められますし、思想を理解するには哲学や社会学などの知識も総動員することが必要です。
中国、アジア、そして欧米の国々にも日本文学の研究者がいます。日本文学研究は日本だけの閉じた世界ではないのです。日本人の研究者が背景を重視するのに対し、海外の日本文学研究者は、より深く人間の問題を掘り下げる特徴があり、お互い良い刺激になっているのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

文系の学部をめざすのであれば、学校や受験に必要な勉強だけでなく、広く社会に目を向けましょう。具体的には教科書以外の書物にできるだけ多く触れるのがいいでしょう。現在はデジタルで手軽に多くの情報が簡単に手に入ることから、本当に読まれるべき本がかえって読まれていないように感じます。
読むべき本がわからなければ、高校の先生をはじめ信頼できる人に聞くのもいいでしょうし、古典を読むのも一つの手です。なぜなら古典は、長い時を経てすぐれた作品であると認められているものだからです。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

神戸大学

神戸大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

神戸大学
文学部 人文学科 国文学専修 准教授
梶尾 文武 先生