30分のミニ講義を聴講しよう! 鯨~その謎につつまれた生態に迫る

世界最大の動物として知られるシロナガスクジラ、また、水族館で親しまれているハンドウイルカなど、数多くの鯨類が生息していますが、海で一生を過ごす鯨類の生態は多くの謎に包まれています。最新の科学手法を駆使し、その謎に迫る研究を紹介します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私の研究室では、クジラとイルカの形態や生態の研究をしています。捕鯨などクジラを取り巻く社会情勢は複雑なので、クジラと人の共生に関しても研究します。クジラの研究では高校生のうちに理系分野に強くなっておくのは、大きなアドバンテージです。社会情勢を読み解く文系分野の知識も大事です。海外の研究者との交流もあるので、英語も勉強しておくことをお勧めします。
さまざまな専門の研究者が大勢いて、海について総合的に学べる環境が整っているのが東京海洋大学の魅力です。あなたと一緒に学べる日が来るのを楽しみにしています。

先生の研究室

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

東京海洋大学

東京海洋大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう まだまだ謎多きクジラの生態

クジラはどこで何をしている? クジラは長い年月をかけて形態を変え、水中生活に適応しました。現在、世界にはイルカも含め、約90種のクジラがいます。海に生きるクジラの研究は難しく、その生態に関しては明らかになっていないことがたくさんあります。
クジラの生態調査で基本となるのは、船で海に出て、人間の目でクジラの数や種類を確認する目視調査です。そこから得られたデータと統計モデルを組み合わせて、その海域にいるクジラの頭数を推定します。今ではクジラに小型の衛星発信機を取り付けて、人工衛星を通じて回遊経路を確認することも可能になりました。ただし、目視調査は天候の関係から夏場にしか行えませんし、クジラに付けた発信機も長期間の遊泳に耐えられず、クジラがどこで何をしているのかは謎が多いのです。
進化する研究手法 一方、クジラの研究手法は、他分野の技術の進歩を受けてどんどん発達しています。例えば、人工衛星を通じて海水温などの環境データを得られるようになってからは、従来の目視調査などのデータと組み合わせてクジラの分布図を作成する研究も盛んになってきました。また、最近では目視調査にドローンを活用したり、AI(人工知能)技術の1つである機械学習をクジラの分布モデルの推定に活用したりといったことも行われるようになってきています。また、クジラに取り付ける行動記録装置が小型化してきて、クジラの詳細な行動もわかってきました。こうした技術的な進歩により、従来の目視調査だけではわからなかったこと、例えばクジラの高い潜水能力や、時間帯によって遊泳の深度が違うことなどが明らかになりました。 楽していっぱい食べたい? クジラとエサの関係を調べることもクジラの生態を知る上で大切です。海の中のエサの量と胃の中のエサの量を比べたところ、クジラは浅いところにいる、重さあたりのカロリーの高い生き物を好んで食べる傾向にあることがわかりました。食べるための労力を減らして高カロリーを得る、クジラは「コスパ」の良い食事をしている可能性があるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私の研究室では、クジラとイルカの形態や生態の研究をしています。捕鯨などクジラを取り巻く社会情勢は複雑なので、クジラと人の共生に関しても研究します。クジラの研究では高校生のうちに理系分野に強くなっておくのは、大きなアドバンテージです。社会情勢を読み解く文系分野の知識も大事です。海外の研究者との交流もあるので、英語も勉強しておくことをお勧めします。
さまざまな専門の研究者が大勢いて、海について総合的に学べる環境が整っているのが東京海洋大学の魅力です。あなたと一緒に学べる日が来るのを楽しみにしています。

先生の研究室

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

東京海洋大学

東京海洋大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る