30分のミニ講義を聴講しよう! 微生物の酵素を用いた希少糖の生産

天然に最も多く存在する単糖はブドウ糖であり、このブドウ糖から微生物由来のさまざまな酵素を反応させることで、天然に微量にしか存在しない希少糖を作ることができます。天然に存在する糖から希少糖「D-プシコース」の生産を中心に説明します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

自然界に存在する糖から生産される希少糖には、血糖値の上昇や動脈硬化を抑える作用や、植物の生長に働きかける作用など、さまざまな生理作用があることがわかってきました。微生物や微生物が持つ酵素を用いて作れる希少糖の種類は増えており、糖と微生物、酵素の組み合わせによっては、世界初の希少糖を作ることも可能です。
大学では、さまざまな最先端の研究が行われています。最先端の研究に触れ、自分がやりたい研究を見つけてください。興味があれば、香川大学で希少糖の研究にもチャレンジしてみてください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

香川大学

香川大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 世界が注目する「希少糖」って、どんな働きがあるの?

さまざまな可能性を秘めた夢の糖「希少糖」 自然界にわずかしか存在しない、さまざまな糖のことを、まとめて「希少糖」といいます。ガムなどに使われている希少糖「キシリトール」はよく知られています。ある種の希少糖には、動脈硬化や血糖値上昇抑制作用、肥満などの予防効果があるとされ、食品や医薬品などへの応用研究や商品開発が進められています。希少糖を使った商品は、年々増えています。代表的なものの一つが、砂糖の7割の甘さがありながら、血糖値上昇を抑える効果などがあると言われている希少糖「D-プシコース」を含んだ甘味料です。ダイエットの心強い味方として人気です。 市販されている糖から希少糖ができる! 希少糖は、ブドウ糖や果糖といった自然界に多く存在する糖から作ることができます。微生物や微生物が持つ酵素が糖に作用し、その分子構造を変えることで、希少糖が生まれます。世界で初めて酵素を用いて果糖から希少糖D-プシコースが作られたのは、1990年頃のことです。香川県で、果糖に作用する新規酵素が発見され、果糖から「D-プシコース」を作り出すことに成功しました。そこからさまざまな微生物やその酵素が新たな希少糖の生産に応用できることを明らかにして、約50種類の希少糖を生産するための設計図「イズモリング」が考えられたのです。この発見により、手軽に買えるブドウ糖や果糖から、高価な希少糖を作ることが可能になりました。現在も、誰も見たことがない希少糖がどんどん作れるようになってきています。 さまざまな分野で糖が使われる!? 糖は、食品に使われているイメージが強いですが、医薬品や衣料品、さまざまな工業製品でもすでに活用されています。希少糖の機能はまだまだ研究段階のものが多く、さまざまな分野で使われている糖を希少糖に置き換えることができれば、さらに新たな機能や特性を備えた商品を開発する道が開けます。世の中の人々の生活をさらに豊かにするために、希少糖のさらなる活用が期待されています。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

自然界に存在する糖から生産される希少糖には、血糖値の上昇や動脈硬化を抑える作用や、植物の生長に働きかける作用など、さまざまな生理作用があることがわかってきました。微生物や微生物が持つ酵素を用いて作れる希少糖の種類は増えており、糖と微生物、酵素の組み合わせによっては、世界初の希少糖を作ることも可能です。
大学では、さまざまな最先端の研究が行われています。最先端の研究に触れ、自分がやりたい研究を見つけてください。興味があれば、香川大学で希少糖の研究にもチャレンジしてみてください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

香川大学

香川大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る