動画を閉じる

城西大学 薬学部 医療栄養学科(管理栄養士養成課程) 真野 博 教授

第7番目の栄養素を見つける

第7番目の栄養素を見つける

城西大学 
薬学部 医療栄養学科(管理栄養士養成課程)

真野 博 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!管理栄養士が見つける第7番目の栄養素!

たんぱく質やビタミンなどの五大栄養素や食物繊維以外にも、全く新しい栄養素が存在する可能性が指摘されています。栄養や食のプロの管理栄養士が、アスリートや高齢者に必要な「新しい栄養素」を見つけ出す、ワクワクする研究のお話を紹介します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたは植物のように体の中で光合成することはできないでしょう。人間は、自分が食べた物からしか栄養を摂取することができないので、食事が重要なのです。では食品に関する知識や常識を疑ったことはありますか? 大学では日夜研究が進められており、食品や栄養について新しい事実が発見されています。
私の研究室では食品機能学を研究しています。もし食品や栄養に興味を持っていて、自分で成し遂げたいものを何か持っているなら、一緒に研究しましょう。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

城西大学

城西大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう栄養界の常識を打ち破る第七の栄養素「コラーゲンペプチド」とは

アスリートと高齢者の体の中は同じ!? 日本では健康寿命と平均寿命の間に10歳ほどの差があり、多くの人は10年ほど要介護状態になるわけです。なぜそうなるかというと、高齢者特有の必要な栄養素がわかっていないからだという説があり、五大栄養素と第六の栄養素として注目されている食物繊維に次ぐ、高齢者のための「第七の栄養素」を探す研究が続けられています。ひときわ注目されているのがコラーゲンペプチドです。コラーゲンペプチドは動物の骨や皮から抽出される物質で、美肌効果や骨や爪を丈夫にする効果などが認められています。
実はアスリートの体の中では高齢者と同じことが起こっています。アスリートは過酷なトレーニングで体を酷使するため、栄養欠乏に陥りやすいのです。そのためコラーゲンペプチドはスポーツ栄養としても注目され、実際にスポーツチームとの共同研究で効果が認められています。
栄養の常識は覆る! 以前は、コラーゲンペプチドを摂取しても何の効果もないと言われていました。そもそも骨や皮という、調理の際に捨ててしまうものに含まれているものです。それが役立つ栄養素として脚光を浴びるとは誰も考えていませんでした。
とはいえ、食物繊維も、かつてはカスなので食べる必要はないと考えられていました。栄養や食品の世界では、それまで常識だったことが研究によって覆ることが多々あります。栄養に関するアドバイスをする管理栄養士は一生学び続け、自分の頭で考えることが求められます。
管理栄養士の活躍の場はさらに広がる コラーゲンペプチドのようにサプリメントで摂取する栄養素は、管理栄養士の指導で摂るのが理想的です。ですから、日常的な栄養管理のために、もっと管理栄養士が身近な存在になることが望まれます。保育園や学校、病院、施設などで個人の食生活にアドバイスすることはもちろん、ドラッグストアなどで気軽に相談にのれる存在となることが重要です。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたは植物のように体の中で光合成することはできないでしょう。人間は、自分が食べた物からしか栄養を摂取することができないので、食事が重要なのです。では食品に関する知識や常識を疑ったことはありますか? 大学では日夜研究が進められており、食品や栄養について新しい事実が発見されています。
私の研究室では食品機能学を研究しています。もし食品や栄養に興味を持っていて、自分で成し遂げたいものを何か持っているなら、一緒に研究しましょう。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

城西大学

城西大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

城西大学
薬学部 医療栄養学科(管理栄養士養成課程) 教授
真野 博 先生