30分のミニ講義を聴講しよう! スポーツ科学:ヒトの運動をはかる

一流アスリートや芸術家の華麗な動き、歩く・手を伸ばすといった何気ない日常動作、これらは神経系が筋肉を動かすことによって実現されています。スポーツバイオメカニクスという分野では、運動を客観的に測り、どのように制御されているのかを研究します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私は、「バイオメカニクス」「心理学」「生理学」などの分野をまたいだ学際的なスポーツ科学をめざしています。なかでもコアとなる技術は動作解析で、ヒトの動きを計測して、数理的・物理的なモデルを使って解析を行っています。この研究はスポーツに限らず、人間工学・ロボティクス・リハビリテーション科学といったさまざまな分野とも関連しています。
人間の動作は複雑で一筋縄にはいきません。それだけに未知の世界を明らかにする楽しみがあります。興味があれば、あなたもぜひ一緒に研究しましょう。

先生の研究室

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

広島大学

広島大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう スポーツで技術指導が難しいのは、動作メカニズムが複雑だから

スポーツで動作を上手くする科学的な方法とは? スポーツをしたことがある人なら、私も〇〇選手のように速く走りたい、ホームランが打ちたい、シュートを決めたい、といったことを考えるでしょう。では、どのように体を動かせばよいか、専門的に言うと、どうすれば効果的に動作技術を習得できるのでしょうか。今日のスポーツ科学では、動作技術の習得に関しては、筋力・持久力・心肺能力などの基礎体力とは異なり、こうすれば上手くなれる、という科学的に確立された方法は、残念ながらありません。 動作技術の習得が困難な理由 これには理由があります。まず、人間には数多くの筋肉があって、それらが合理的に組み合わさることで「動き」が作られます。すなわち、制御対象としての体が複雑です。次に、体を制御する神経系も、複数の層構造や非常に多くのニューロンが関与しています。すなわち、制御する主体である脳・神経系も複雑です。
そのため、例えば野球の投手で言うと、コントロールをよくするため・速い球を投げるための理想的なフォームはわかりませんし、あるフォームを実現するための理想的な筋肉の動かし方も組み合わせも、それを実現するための神経活動もわかりません。ましてや、練習を通してどのように学習・習得されていくのか、となると謎だらけです。
動作技術習得に関する原理を探る 一流スポーツ選手や芸術家のような、明らかに優れた華麗な動作だけではなく、水の入ったグラスをとる・障害物を越えて歩く、といった簡単そうに思える日常生活ですら、制御の全体像を把握することは極めて困難です。ヒトの動作メカニズムはとても複雑なのです。しかし、破綻なく行動できているということは、そこに何か明確な原理があるはずです。それを見つけることは、人間の身体の理解をより深めることになるのです。このような理解は、スポーツ動作技術の効果的なトレーニング方法の開発だけではなく、ロボティクスやリハビリテーション科学といったさまざまな分野にとって、重要な基礎となるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私は、「バイオメカニクス」「心理学」「生理学」などの分野をまたいだ学際的なスポーツ科学をめざしています。なかでもコアとなる技術は動作解析で、ヒトの動きを計測して、数理的・物理的なモデルを使って解析を行っています。この研究はスポーツに限らず、人間工学・ロボティクス・リハビリテーション科学といったさまざまな分野とも関連しています。
人間の動作は複雑で一筋縄にはいきません。それだけに未知の世界を明らかにする楽しみがあります。興味があれば、あなたもぜひ一緒に研究しましょう。

先生の研究室

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

広島大学

広島大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

広島大学
総合科学部 総合科学科 准教授
進矢 正宏 先生