動画を閉じる

群馬大学 医学部 保健学科 李 範爽 教授

日常生活を支える感覚・認知・運動機能

日常生活を支える感覚・認知・運動機能

群馬大学 
医学部 保健学科

李 範爽 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!日常生活を支える感覚・認知・運動機能

作業療法は体や心に障がいを持つ人の、日常生活の自立を支える医療です。自立支援の方法は2つあり、低下した機能そのものの回復と、低下した機能を補う環境調整です。食事やトイレ動作など、生活機能回復を支える感覚・認知・運動機能について紹介します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

リハビリテーション専門職をめざすなら、人間の行動をよく観察してください。なぜその人はこの行動をするのか、どんな気持ちで行っているのか、ひょっとして病気を抱えているのではないか、などと想像して考えることで、目に見えているものの向こう側が見えてくるからです。
そして時には、すべての情報を遮断して1人で考えることも大切です。目の前のスマホから得られる情報にすぐ答えを求めず、たまには1人で思考して、考える力を養ってください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

群馬大学

群馬大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう単純作業の意味を理解することで、作業療法の質が高まる!

作業療法士は社会的機能の回復を手助けする 理学療法士と作業療法士の違いとは何でしょうか。理学療法士は、起き上がる、歩く、座るなど基本的な動作機能の回復を手助けします。一方の作業療法士は、食事をする、料理をするなど、社会的機能の回復をサポートします。
作業療法の世界も日進月歩で進歩しており、感覚、認知、運動と日常生活動作(ADL)の関係性を可視化する、つまり行っている作業内容を定量的指標で表現する研究が続いています。
物を握るときにかかる力を計測してわかったこと 例えば私たちが物を握る際、触る瞬間はそっと触れ、そしてギュッと握って重さがどれくらいかを認知したあと、一定の力で物を握り続けるというステップを踏みます。一方、加齢などで首の部分の骨、頸椎(けいつい)が変形する頸椎症の患者さんは、指先の感覚が鈍くなっているため、必要以上に物を強く握ってしまうことがわかりました。
また、発症から1週間経っていない脳卒中の患者さんは、親指と人差し指が等しい把持力(はじりょく)、つまり物を握ったときに離さないようにする力を保てず、空間で物を保持できません。通常は同じ場所に同じ力をかけ続けることで物を保持できるのですが、脳卒中の急性期の患者さんは、力をかける場所がぶれてしまうからです。この力をかける場所を圧中心点といいます。これらのケースは、把持力や圧中心点にかかる力を数値化する研究により判明しました。
患者さんに理解してもらうことが回復の助けに このように数値データで可視化することで、単純作業として行っていたことの意味がわかり、より患者さんにとって効果的な療法ができます。つまり作業療法士自身がその作業の意味を理解し、その理屈を患者さんに伝えて理解してもらうことが、患者さんが自らを変えようとするきっかけになるのです。
作業の意味を可視化する研究は、国内の大学でもまだあまり行われていません。よって、今後さらに注目される研究分野になることは間違いありません。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

リハビリテーション専門職をめざすなら、人間の行動をよく観察してください。なぜその人はこの行動をするのか、どんな気持ちで行っているのか、ひょっとして病気を抱えているのではないか、などと想像して考えることで、目に見えているものの向こう側が見えてくるからです。
そして時には、すべての情報を遮断して1人で考えることも大切です。目の前のスマホから得られる情報にすぐ答えを求めず、たまには1人で思考して、考える力を養ってください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

群馬大学

群馬大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る