30分のミニ講義を聴講しよう! 放射線災害に対する正しい対処の仕方

放射線災害と聞くと、恐ろしい、怖いといったイメージがあると思います。では、私たちが暮らしている環境に放射線が無い世界はあるのでしょうか? 講義ライブでは、身近にある放射性物質の放射線量を測定して、放射線に関する正しい知識についてお話しします。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私は、学部のカリキュラムでは主にフィジカルアセスメント演習を、また大学院では災害医療の研究を行っています。今、国内外で自然災害が多発しています。災害で活躍するのが、被災者を救護する医療チームです。薬剤師もチームの一員として、被災者の支援活動を行っています。
災害地での救護活動はチームで動くため、薬だけでなく組織としての専門知識・技能と経験が必要になります。実は、この災害に向かう救護チームでは薬剤師が不足しています。あなたもぜひ福岡大学で共に学び、災害に強い薬剤師をめざしませんか。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

福岡大学

福岡大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 正しい知識を広めるという薬剤師のもう1つの重要な役割

科学的に正しい医療知識を広めるという役割 薬剤師というと薬の相談を受けたり、病院で処方された薬を調合したりする仕事だと思っている人が多いでしょう。しかし、正しい医療知識を一般の人に身につけてもらうという役割もあります。世の中には意外と多くの間違った医療知識や科学知識が流布していて、それを信じて誤った行動をしてしまう人がいます。それを未然に防ぐのも薬剤師の重要な役割なのです。そして、特にそのような活動を求められるのが災害医療です。 福島第一原発の風評被害の原因 例えば、福島第一原発の事故で問題になったのが風評被害です。「放射線=怖い、死」というイメージがネットやメディアで増幅されました。その結果、福島の農作物や魚が売れないなど経済的損失が広がり、避難者に対するいじめも起きました。これは、放射線に対する間違った認識によるものです。放射線自体は福島に限らずどこでも存在します。また、医療分野ではエックス線など放射線を放出する医療機器が使用されています。そして、私たちは食品中のカリウムや空気中のラドンなどから日常的に放射線を受けています。放射線で健康被害が起こるには、自然被曝よりはるかに高い放射線量が必要なのです。もちろん、福島でも原子炉周辺を除けば、被曝による危険性はないことが科学的に検証されています。 重みがある医療専門家としての薬剤師の言葉 福島第一原発事故の後、住民に対する不安を払拭するために、原発から20km圏内の一時帰宅者に対して汚染モニタリング検査が行われました。そこで活躍したのが、放射性医薬品を取り扱うことができる薬剤師が参加した救護チームでした。食品や飲料水などさまざまな対象に対してスクリーニング検査を行い、放射線について科学的・客観的な情報を提供しました。
放射線の理解で重要なのは、「正しく怖がる」ことです。そのような理解を得るには、科学者であり、医療の専門家である薬剤師の言葉が必要なのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私は、学部のカリキュラムでは主にフィジカルアセスメント演習を、また大学院では災害医療の研究を行っています。今、国内外で自然災害が多発しています。災害で活躍するのが、被災者を救護する医療チームです。薬剤師もチームの一員として、被災者の支援活動を行っています。
災害地での救護活動はチームで動くため、薬だけでなく組織としての専門知識・技能と経験が必要になります。実は、この災害に向かう救護チームでは薬剤師が不足しています。あなたもぜひ福岡大学で共に学び、災害に強い薬剤師をめざしませんか。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

福岡大学

福岡大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

福岡大学
薬学部 薬学科 教授
江川 孝 先生