30分のミニ講義を聴講しよう! 分子で遊ぶ学問:有機化学の世界

高校の教科書ではひたすら暗記をさせられる有機化学。大学では分子で遊ぶ学問です。原子の組み合わせ次第で分子の性質は大きく変わるので、面白い分子は今も無限に眠っています。有機化学の力を使って、あなたがデザインした分子で世界を変えてみませんか。

先生からのメッセージ

先生画像

有機化学は分子をデザインして新しい物質を生み出すモノづくりの学問です。あなたがレゴブロックやパズルなどで遊ぶことや、何かを設計することが好きなら、有機化学の研究に向いています。ぜひ、日頃から身の回りにあるものに対して、なぜこんな形をしているのか、なぜ硬いのか、なぜ光っているのか、なぜ匂いがあるのか、など考えてみてください。
また、研究の世界はグローバルです。私の研究室でも、メンバーの半数が外国人で、セミナーなどはすべて英語で行っています。英語の勉強にも力を入れておきましょう。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

神戸大学

神戸大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 分子をデザインして世界を変える新しい性質を持つ物質を作る!

限られた元素の組み合わせが生み出す無限の物質 医薬品、プラスチック、そして私たちの体など、世の中にある物質すべてが分子からできています。しかし、その分子を形成する元素の種類はわずか100種類程度しかありません。しかも、身近なものに限ると、もととなる元素はせいぜい30種類くらいです。つまり、限られた元素からその組み合わせによって多様な分子が作られ、無限の物質が生み出されているのです。
そして分子を自在にデザインして新たなものを人工的に作り出す学問が有機化学です。また、新しい分子を作るだけではなく、既にある分子をより効率的に合成するための手法も考えます。例えば、10万円の薬を100円で作れるようになれば、その薬をより多くの患者さんに届けられることになるからです。
分子構造が決める物質の性質 身の回りの有機分子をみてみましょう。例えば、痛み止めの薬のアスピリンは、ヤナギから抽出されたサリチル酸がヒントになり、合成してできた薬です。昔からヤナギには鎮痛作用があることが知られており、その分子構造が参考にされました。また、甘い・辛いという味も分子で説明でき、唐辛子の辛さはカプサイシンという有機分子の量によって決まります。虫のコミュニケーションにも分子構造が影響しています。例えば蟻(あり)は、同じ種であっても違う集団に属する蟻は敵とみなします。蟻の見た目はまったく同じなのに仲間か敵かを区別できるのは、集団ごとにフェロモンの分子構造に違いがあるからなのです。 頭と手と好奇心でデザイン 薬学、材料科学、生物学など多くの分野のベースに有機化学があります。有機化学は物質の性質を知る基礎の学問であり、世の中を変える夢のような分子を作り出すことができる学問でもあります。実際の研究の場ではいろいろな反応剤を試したり、加熱温度を10度ずつ細かく変化させたりなど、多数の実験を繰り返します。そして成功するのは、100回のうち1、2回ほどに過ぎません。それだけに豊富な知識のほか、実践力、好奇心が求められる学問なのです。

先生からのメッセージ

先生画像

有機化学は分子をデザインして新しい物質を生み出すモノづくりの学問です。あなたがレゴブロックやパズルなどで遊ぶことや、何かを設計することが好きなら、有機化学の研究に向いています。ぜひ、日頃から身の回りにあるものに対して、なぜこんな形をしているのか、なぜ硬いのか、なぜ光っているのか、なぜ匂いがあるのか、など考えてみてください。
また、研究の世界はグローバルです。私の研究室でも、メンバーの半数が外国人で、セミナーなどはすべて英語で行っています。英語の勉強にも力を入れておきましょう。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

神戸大学

神戸大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る