動画を閉じる

名古屋市立大学 医学部 杉浦 真弓 教授

哺乳類としての妊娠適齢期

哺乳類としての
妊娠適齢期

名古屋市立大学 
医学部

杉浦 真弓 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!哺乳類としての妊娠適齢期

不妊症や流産を繰り返す不育症は女性の加齢とともに増加します。人には妊娠に適した時期があり、加齢とともに異常が起こりやすくなるメカニズムについて概説します。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

毎日9時から5時で終わる仕事で、自分の趣味を楽しむというのもいいのですが、自分が決めた仕事に一生を捧げていく生き方もあります。産科医の仕事はたしかに肉体的に大変な部分があります。夜中に赤ちゃんが危険な状態になったら助けてあげなくてはいけない。お母さんが危なくなったら飛んでいかなくてはいけない。それはたしかに大変だけど、流産を繰り返す人と何年もお付き合いして、その人が無事出産できたときの気持ちは、高い山にのぼって美しい景色を眺めたような達成感で、言葉では言い表せないほどの喜びです。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

名古屋市立大学

名古屋市立大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう結婚したら子どもができるか

不育症とは何か? 「不妊症」は妊娠できない人のケースですが、「不育症」は妊娠しても流産を繰り返してしまう人たち、子どもが育たない人たちを言います。不育症では妊娠したと思っても、早い時期に、あるいは生まれる前におなかの中で亡くなってしまいます。いわゆる死産です。1回くらいなら、妊娠した人の15%が経験します。流産しても、次の妊娠でうまくいけばいいのですが、何度も流産を繰り返す、いわゆる不育症の人たちはカップル全体の5%もいます。決して珍しいことではありません。 流産を繰り返す人の苦しみと治療法 結婚すれば子どもができるのが当然と考えるかもしれません。しかしそうすると、なかなか妊娠しない人は、「みんなにできることが、どうして私だけできないの?」と深く思い悩むことになります。不育症があまり知られていないだけに、自分が経験してはじめて、「みんなができているのに、どうして私だけ流産してしまうの?」と苦しみも一層深くなるのです。しかも、流産は昔から女性の不摂生と言われてきましたので、「仕事なんかしているからいけない」などと言われます。もちろん、それは違います。本当のところは赤ちゃんやお母さんの病気が原因で、努力が足りないとか何かがいけなくてということではありません。しかし、多くの人が今もそのことを隠しがちです。夫婦だけでその悩みを抱えています。
不育症には主に三つの原因があります。ひとつは、子宮に問題がある場合で、流産を繰り返してはじめてわかります。これは手術で改善されることがあります。次に夫婦どちらかの染色体に変化があって、卵と精子の遺伝子がアンバランスを起こしている場合があります。こういうカップルは正常な卵子も精子も一定の確率でできていますから、流産を繰り返しても出産は可能です。三つめは、抗リン脂質抗体症候群といって、胎児を攻撃するような物質を血液中に持っている場合ですが、これは比較的治療しやすく、血液検査で見つかります。 このように原因が分かる不育症は治療できるという知識の普及が重要です。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

毎日9時から5時で終わる仕事で、自分の趣味を楽しむというのもいいのですが、自分が決めた仕事に一生を捧げていく生き方もあります。産科医の仕事はたしかに肉体的に大変な部分があります。夜中に赤ちゃんが危険な状態になったら助けてあげなくてはいけない。お母さんが危なくなったら飛んでいかなくてはいけない。それはたしかに大変だけど、流産を繰り返す人と何年もお付き合いして、その人が無事出産できたときの気持ちは、高い山にのぼって美しい景色を眺めたような達成感で、言葉では言い表せないほどの喜びです。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

名古屋市立大学

名古屋市立大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

杉浦 真弓 先生の他の夢ナビ講義
1分動画
生物としての妊娠の適齢期 夢ナビ講義を見る
このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

名古屋市立大学
医学部 教授
杉浦 真弓 先生