動画を閉じる

埼玉県立大学 保健医療福祉学部 作業療法学科 濱口 豊太 教授

上肢のロボティクスリハビリテーション

上肢のロボティクスリハビリテーション

埼玉県立大学 
保健医療福祉学部 作業療法学科

濱口 豊太 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!リハビリテーションの未来と作業療法

リハビリテーションは病気や事故などで心身の障がいのある人たちへ医学的、心理的、社会的に支援をする領域で、作業療法はその一端を担うものです。再生医学やロボット工学など多様な進展をとげていく中で、作業療法の今と近未来についてご紹介します。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私が専門としている作業療法とは、身体の運動に制限のある人が、日常生活でどのように身体を使ったらいいのかということに対して、支援技術を研究する分野です。そのためには、基礎的な医学の知識のほか、患者さんの生活のことを知らなければなりません。仕事をしている人、勉強をしている人、高齢者、患者さんの生活はさまざまです。
リハビリテーションや作業療法の世界をめざす人は、ぜひ広い視野を持って、身体のこと、心のこと、そして自分の人生について学んでください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

埼玉県立大学

埼玉県立大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようロボットが進歩させる「未来のリハビリテーション」とは?

工学の成果をリハビリテーションに役立てる 腕や指の機能を回復させるリハビリテーションを行う場合、患者さんはどのくらいまで腕や指を動かすことができるかという「機能評価」が重要な指標になります。指の関節可動域(動かせる範囲)を測定するには、これまでは、一つひとつの関節が曲がる角度を分度器と人の目で測っていました。現在では、情報工学の分野で開発された、人間の動きを読み取る装置を使うと、装置の前で手を握ったり開いたりするだけで、指の関節の動きを測定して一覧表にすることが可能となっています。このように、工学などほかの分野で開発された技術が、リハビリテーションにどんどん応用されるようになってきています。 アームロボットで作業療法士の技術を再現する ロボット工学もリハビリテーションに大きく貢献しています。アームロボットと呼ばれる、人間の腕の動きを再現できるロボットがあります。リハビリテーションにおいては、患者さんの身体を、作業療法士が手で動かして機能を回復させていくテクニックがありますが、その技術を習得するには、長い時間をかけた多くの経験が必要となります。ですが、アームロボットがベテラン作業療法士の手の動きを再現することができれば、患者さんの運動を支援することをロボットに代用してもらうことがある程度まで可能になります。逆に、病気のある患者さんの腕をロボットが再現すれば、作業療法士をめざす人たちの技術教育に役立てることもできます。 経験に頼っていたものを可視化する ロボットを利用する利点は、人間の代用だけではありません。これまでは経験に基づいて行ってきた熟練者の動きを、ロボットがなぞることによって、はっきり数値としてデータ化することができるのです。このように目に見える形にすることを「可視化」と言います。工学的な成果を応用することによって、これまで経験に頼ってきた多くの部分を可視化し、重要な「情報財産」として蓄積、共有化し、活用していけるようになるでしょう。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私が専門としている作業療法とは、身体の運動に制限のある人が、日常生活でどのように身体を使ったらいいのかということに対して、支援技術を研究する分野です。そのためには、基礎的な医学の知識のほか、患者さんの生活のことを知らなければなりません。仕事をしている人、勉強をしている人、高齢者、患者さんの生活はさまざまです。
リハビリテーションや作業療法の世界をめざす人は、ぜひ広い視野を持って、身体のこと、心のこと、そして自分の人生について学んでください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

埼玉県立大学

埼玉県立大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

埼玉県立大学
保健医療福祉学部 作業療法学科 教授
濱口 豊太 先生