動画を閉じる

東京大学 工学部 航空宇宙工学科 李家 賢一 教授

飛行機はどう進化していくか

飛行機はどう進化していくか

東京大学 
工学部 航空宇宙工学科

李家 賢一 教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!環境にやさしい明日の飛行機

20年後に向けて、飛行機はどのように進化していくのでしょう? 現在重要と考えられているのが、排気ガスが少なく、音も静かな環境にやさしい飛行機です。講義ライブでは、飛行の原理、環境にやさしい飛行機を実現する技術そして未来の飛行機を紹介します。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

将来を決めるときは、子どものころから興味を抱いていたことを大事にしてください。目先の利益にとらわれて「給料はこっちのほうが高いからこっちにしておこうか」などと惑わされず、自分が勉強したいと思ったテーマを選びましょう。
また、人生には何度か、どちらへ進むべきかの選択に決断を下す場面があります。いったん決断したら、それを正しい判断だと信じ、「あっちのほうがよかったかも」などと悔やまないことです。きっと、そのとき下したあなたの決断がベストな判断なのです。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

東京大学

東京大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう新しい機体の形を研究する航空工学

求められる機体の形 あなたは飛行機というと、中央に先のとがった円筒形の胴体があり、大きな主翼が胴体の左右についている形を思い浮かべるでしょう。しかし、実は飛行機の形というものはこれだけではありません。空に上がる力を出すのに必要な翼の形と、目的地まで適正な燃費で飛べる推力を出すエンジン、載せたい量の人や荷物が入る胴体、この条件を満たしたうえで、さまざまな目的別の飛行機を開発しようと思えば、その形はいろいろなものが考えられるのです。 考え得るいろいろな形 例えば、上下2枚の翼をもつ飛行機が考えられます。これは抵抗が小さくなるというメリットがあります。また、胴体をなくしてしまい、翼と一体化させて乗客を翼の中に入れるという形も考えられます。胴体は抵抗を発生させるので、それがなくなるということは性能が上がるのです。これなら、800人といった大量の乗客を運ぶ飛行機が実現できます。また、飛ぶ場所が変わると飛行機の形も変わります。火星を飛ぶ飛行機は、大気が非常に薄いところを飛ぶので形そのものも普通の飛行機とは違ってきますし、火星までの機体自体の運び方も、翼を折りたたみ式にしてロケットで運び、火星の上空で開いて飛ばすというアイデアが考えられます。さらには、従来の航空燃料ではなく水素燃料を使った飛行機や超音速機はどのような形になるか、ということも研究されています。 設計手法も進化する 従来の設計手法は、主に経験的な統計データをもとにしていたのですが、新しい設計手法はそこに理論的な知識を組み合わせるようになっています。そこには空気力学や飛行力学、推進工学などさまざまな学問が絡み合います。それらを組み合わせて効率的に高性能の飛行機を設計する方法そのものも、進化を続けています。
現在はコスト面や需要の点からすぐに実現するとは限りませんが、将来、このようにさまざまな形の飛行機が空を飛ぶかもしれないのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

将来を決めるときは、子どものころから興味を抱いていたことを大事にしてください。目先の利益にとらわれて「給料はこっちのほうが高いからこっちにしておこうか」などと惑わされず、自分が勉強したいと思ったテーマを選びましょう。
また、人生には何度か、どちらへ進むべきかの選択に決断を下す場面があります。いったん決断したら、それを正しい判断だと信じ、「あっちのほうがよかったかも」などと悔やまないことです。きっと、そのとき下したあなたの決断がベストな判断なのです。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

東京大学

東京大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

李家 賢一 先生の他の夢ナビ講義
1分動画
空気力学の研究で着陸時に失速しない翼を開発する 夢ナビ講義を見る
1分動画
超音速旅客機の離着陸時の安定した飛行法を探る 夢ナビ講義を見る
このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る