動画を閉じる

神奈川工科大学 創造工学部 自動車システム開発工学科 山門 誠 教授

運転好きな自動車屋がつくる自動運転技術

運転好きな自動車屋がつくる自動運転技術

神奈川工科大学 
創造工学部 自動車システム開発工学科

山門 誠 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!誰もが思いのままに操れる自動車をめざして

ハンドル操作に応じてアクセル・ブレーキを変化させることで、別々に制御されていた横方向と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロールし「人馬一体」になったような、スムーズで効率的な走りを実現した世界初の制御技術「Gベクタリング」を紹介します。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

自分が好きなものを人の役に立つものにする、あるいは仕事にするには、大学生の頃からその分野について、基礎からしっかりと知識や技術を身につける必要があります。特に「ものづくり」においては、工学系の学部が非常に役に立つと思います。
神奈川工科大学創造工学部自動車システム開発工学科は、自動車好きな学生のための学科です。もし、自動車が好きで、制御に興味があるなら、ぜひ私と一緒に研究しましょう。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

神奈川工科大学

神奈川工科大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう「乗り心地」が、自動運転車の価値を決める!

世界中で進む自動運転車の開発競争 近年、自動車業界では、自動運転車の開発がトレンドになっており、世界中の自動車メーカーがしのぎを削っています。試作車レベルでは、すでに自動運転車が誕生しており、走行試験が行われています。開発を行っているメーカーの試作車の多くは、「ある場所からある場所に行く」といった基本機能は、ある程度実現されており、公道での実証実験や市販化に向けて、さらなる技術の進歩が求められます。 乗り心地のよさで、売れる車になる 自動運転車で今後、競争のポイントとなりそうなのが、「乗り心地」です。従来の車では、運転者の気づかいやテクニックによって乗り心地が左右されます。自動運転の場合は、当たり前ですが車が運転を行うので、現行の自動車以上に乗り心地のよしあしが、売れ行きを左右すると予想されています。
では、どういった自動車が乗り心地のよいものなのでしょうか。「なめらかに発進し」「カーブの曲がり具合に合わせてスムーズに曲がり」「静かに止まる」、もちろん「乗客にはあまり加速度変化を感じさせない」、こういった運転ができる自動運転車が理想になりますが、現時点ではまだ実現は難しいです。
細やかな運転操作をめざして開発が進む 乗り心地のよい運転のためには、タイヤに適切な荷重をかけることがポイントです。そのキーとなるのが、ハンドル操作に対する車の応答です。実際に運転をしてみればわかりますが、道路には凸凹が多く、真っすぐ進むだけでも、細かなハンドル操作が求められます。現行の自動車にも、こうした運転をサポートしてくれる機能が付いているものもあります。例えば、マツダの車はハンドル操作に合わせて、エンジン出力を自動コントロールする「G-ベクタリング コントロール」という機能をほぼ全車種に搭載しています。ほかのメーカーでも制御機能の開発には力を入れており、今後、市販される自動運転車に搭載されるでしょう。乗り心地のよい自動運転車の登場が期待されています。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

自分が好きなものを人の役に立つものにする、あるいは仕事にするには、大学生の頃からその分野について、基礎からしっかりと知識や技術を身につける必要があります。特に「ものづくり」においては、工学系の学部が非常に役に立つと思います。
神奈川工科大学創造工学部自動車システム開発工学科は、自動車好きな学生のための学科です。もし、自動車が好きで、制御に興味があるなら、ぜひ私と一緒に研究しましょう。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

神奈川工科大学

神奈川工科大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

神奈川工科大学
創造工学部 自動車システム開発工学科 教授
山門 誠 先生