長崎ウエスレヤン大学 ※2021年4月より「鎮西学院大学」に名称変更 現代社会学部 社会福祉学科 准教授 開 浩一 先生

動画を閉じる

動画再生
トラウマから成長する可能性

30分のミニ講義を聴講しよう! トラウマから成長する可能性

病気、事故、自然災害。人生は時に危機をもたらします。しかし、そうした苦難の体験から成長する可能性が研究からわかってきました。講義ライブでは、PTG(ポスト・トラウマティック・グロース)という理論を紹介いたします。

受講した高校生のコメント

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私は、PTG(ポスト・トラウマティック・グロース)について研究をしています。PTGとは、人生の中で非常に困難な出来事に遭った人が、そのもがきの体験から成長するということです。つらい出来事はその人にとって必ずしもマイナスではなく、もしかしたらプラスになるかもしれない、成長の要因かもしれない、そういった可能性を秘めた理論です。
この知識があれば、つらい出来事があってもその先の人生に希望が持てるでしょう。あなたも関心があれば、ぜひ一緒に学びましょう。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

長崎ウエスレヤン大学 ※2021年4月より「鎮西学院大学」に名称変更

長崎ウエスレヤン大学 ※2021年4月より「鎮西学院大学」に名称変更 大学案内2020

資料請求

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう つらい経験から立ち直り、未来に希望を持つ方法「PTG」とは?

「ポスト・トラウマティック・グロース」とは 人生でつらい出来事に遭遇したとき、どうすればいいのでしょう? 例えば、がんを宣告された、自然災害で家を失った、事故で半身不随になった、このような深刻な経験をしたときに、その後の苦しみの中から成長するための理論が、「ポスト・トラウマティック・グロース(PTG)」です。この成長するという考え方は古来より語られていたのですが、研究は1990年頃、大学生たちへのアンケートから始まりました。彼らがどんなつらい経験をして、どう変わったのかを尋ね、その結果を統計的にまとめていきました。 前向きに未来を見据えるように 学生たちには次のような変化が見られました。まず、他者との関係が変わりました。人に対して思いやりの心が強くなり、人との関係に努力するようになりました。また、新しいことに関心を持つようになり、自分の人生に新しい道を築くことができました。例えば、自然災害にあって、消防士など人を助ける仕事に関心を持てるようになるなどです。
さらに、つらい経験をすることで人間としての強さが身につきました。スピリチュアルな変化もありました。自分があらゆる存在とつながっていると感じるようになりました。一日一日をより大切にするようになり、自分の命の大切さに感謝するようになりました。
病気や災害を経験した人だけではない つらい経験をした直後にそこまでの成長を実感できる人はごく一部です。そのため、周囲の人は困難を克服することや成長することを押し付けてはいけません。苦しみに寄り添い、焦らず慎重に対応して、苦しんでいる人が自分の経験の意味を見いだせるように、あたたかく受け止めることが大切です。
PTGの考え方は、病気や災害だけでなく、失恋をしたりリストラにあったりするなど、その出来事がこれまでの考え方や生き方を揺さぶるほどの衝撃であれば、経験する可能性があります。成長するための理論や方法を具体化することで、多くの人が出来事以後の困難な道のりを歩む道しるべとして利用できるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私は、PTG(ポスト・トラウマティック・グロース)について研究をしています。PTGとは、人生の中で非常に困難な出来事に遭った人が、そのもがきの体験から成長するということです。つらい出来事はその人にとって必ずしもマイナスではなく、もしかしたらプラスになるかもしれない、成長の要因かもしれない、そういった可能性を秘めた理論です。
この知識があれば、つらい出来事があってもその先の人生に希望が持てるでしょう。あなたも関心があれば、ぜひ一緒に学びましょう。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

長崎ウエスレヤン大学 ※2021年4月より「鎮西学院大学」に名称変更

長崎ウエスレヤン大学 ※2021年4月より「鎮西学院大学」に名称変更 大学案内2020

資料請求

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

長崎ウエスレヤン大学 ※2021年4月より「鎮西学院大学」に名称変更
現代社会学部 社会福祉学科
准教授 開 浩一 先生