30分のミニ講義を聴講しよう! 外国人患者を支援できる看護師の始点

同じ日本人同士でも医療を巡るコミュニケーションは難しい。文化背景や母語が違う患者も入れると尚更難しい。講義ライブでは、データから見る在留外国人の特徴と外国人患者に関わる医療現場の現状、看護職における英語の必要性を紹介します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私の専門分野は看護英語です。看護師にも英語力は必要です。患者さんとの信頼関係を築くには、コミュニケーション能力が大切ですが、英語を学ぶことでコミュニケーションの基本的な考え方や方法を習得できます。
日本に滞在する外国人は増加しており、来院する外国人も多くなっています。また、看護師としての専門性を高めるためには、英語の文献を読むことや英語で発表することも求められます。英語力を身につければ海外の病院で活躍することも可能です。福岡女学院看護大学では、このようなことができる看護師を育成しています。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

福岡女学院看護大学

福岡女学院看護大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 看護師にとって「英語力」は重要なスキルになる

増える病院を訪れる外国人 日本に滞在する外国人は増えています。観光客はもちろん、労働や勉学を目的に滞在する人も増加傾向です。それにともない、医療機関を訪れる外国人も増加しています。しかし、病院側は十分に対応できているとは言えません。特に患者さんと接する機会が多い看護師の英語力が低いと、十分な医療サービスを提供できません。
看護英語は、患者さんと世間話をする通常英語と、病状を聞いたり検査を行ったりするための専門的な英語の2種類があります。看護英語は、医学英語の一部と考えられていましたが、その内容が十分に整備されているわけではありません。
看護現場で英語が必要となる場面とは そこで、看護師がどんな場面で英語が必要になるのか、また具体的にどんな英語を使用するのかが調査されています。現場の看護師に聞き取りを行い、リストを作成している段階です。
病状はもちろん、患者さんの病歴や生活歴、家族についてなど、個人情報も収集する必要があります。また検査をする際は、患者さんが不安にならないように十分な説明をしなければなりません。さらに、入院の際には注意点もわかりやすく伝える必要があります。そして、このような専門的な英語以外に、患者さんとの世間話も重要です。患者さんと打ち解けることは、信頼関係を築く上で大切だからです。
異文化への対応や医療制度の説明も必要 外国人の患者さんに対応するためには、治療に必要なコミュニケーション以外にも、食事や入浴などの生活習慣や宗教儀式への配慮も重要です。また、医療システムも理解してもらう必要があります。医療制度は国によって異なるため、日本の制度を理解していないとトラブルの原因になります。特に渡航者には、最悪の事態を避けるために普段以上に検査を行ったり、場合によっては隔離をしたりすることもあります。そんなとき、患者さんの不安を和らげることが重要です。このように医療以外の分野も含め、英語力は今後、看護師の重要なスキルとなるでしょう。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私の専門分野は看護英語です。看護師にも英語力は必要です。患者さんとの信頼関係を築くには、コミュニケーション能力が大切ですが、英語を学ぶことでコミュニケーションの基本的な考え方や方法を習得できます。
日本に滞在する外国人は増加しており、来院する外国人も多くなっています。また、看護師としての専門性を高めるためには、英語の文献を読むことや英語で発表することも求められます。英語力を身につければ海外の病院で活躍することも可能です。福岡女学院看護大学では、このようなことができる看護師を育成しています。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

福岡女学院看護大学

福岡女学院看護大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る