この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう! ネットいじめはなぜ「痛い」のか

近年、LINEをはじめとするインターネットなどのコミュニケーションツールを介したいじめがみられます。学校はもとより、家庭や地域において、こうした問題にどう対処していくべきか、近時のデータ分析を交えてわかりやすく解説します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたはもう、将来やりたいことを見つけましたか? そのためには大学で何を学べばよいか、ぼんやりとでも見えているでしょうか? 大学選びでは、ぜひ「やりたいことが学べる大学」を見つけてください。
まだやりたいことがわからないなら、できるだけ多くの大学のオープンキャンパスを訪ねてみてください。全く興味がないと思っている分野でも、話を聞いてみると、なんとなく心にひっかかるものがあるかもしれません。そんな「やりたいことのタネ」を探しに、さあ、行動を始めましょう。

先生の研究室

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

佛教大学<!--仏教大学-->

佛教大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう ネットいじめはなぜ「痛い」のか 学校臨床教育学の視点から探る

教師と児童・生徒との「距離感」の変化 教師には、教科内容を教えること以外に、児童・生徒が学校生活を順調に送れるよう指導するなどの大切な役割があります。近年、「学級崩壊」や「不登校」といった問題に直面し、「生徒の心がわからない」と悩む教師も少なくありません。教師と児童・生徒との「距離感」が昔とはずいぶん違ってきていることも、問題の背景にあるようです。子どもたちや学校をめぐる社会環境が大きく変化する現在、教師がその役割を果たしていくには、今の子どもたちの実態に沿った新たな知見が必要です。 複雑になる子どもたちの人間関係 近年の子どもたちの学力の変化とその要因を調査してみると、急激な成績低下が起こる原因として、子どもたち同士の「人間関係の軋轢(あつれき)」が見られます。大人が思う以上に子どもたちの人間関係は複雑化しているのです。従来の「いじめ」はクラスや部活動などの集団から特定の子を排除するのが主なパターンでしたが、今は、いつも一緒にいる集団の中にいじめの対象となる子を入れておくケースが多くみられます。一見、同じグループ内で仲良くやっているように見えても、ターゲットになった子は逃げ場がなくなるので事態は深刻です。 社会の動きが教育現場に与える影響を探る 今の子どもたちの大半は、学校でのリアルな人間関係のほかに、ネット上での人間関係にも気を配り生活しています。リアルでのちょっとした出来事がまたたく間にSNSで拡散されることもあります。そのためか、自分の表情を他人に読み取られないようにしようといつもマスクをして登校したり、昼食をひとりで食べている「ぼっち飯(めし)」を見られるのを恐れて、みんなから隠れて食べたりといった、以前にはなかった行動の数々がみられます。
このような大人には一見不可解な行動や、その背景にある意識と社会との関連を、実際に子どもたちを対象とした調査分析によって探り、教育の現場に役立つ知見を得ようとする学問が「学校臨床教育学」なのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたはもう、将来やりたいことを見つけましたか? そのためには大学で何を学べばよいか、ぼんやりとでも見えているでしょうか? 大学選びでは、ぜひ「やりたいことが学べる大学」を見つけてください。
まだやりたいことがわからないなら、できるだけ多くの大学のオープンキャンパスを訪ねてみてください。全く興味がないと思っている分野でも、話を聞いてみると、なんとなく心にひっかかるものがあるかもしれません。そんな「やりたいことのタネ」を探しに、さあ、行動を始めましょう。

先生の研究室

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

佛教大学<!--仏教大学-->

佛教大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

一覧へ戻る