30分のミニ講義を聴講しよう! 夢の分子を創る有機元素化学

「化学」は「科学」の中でも「ものづくり」をする分野です。皆さんよくご存じの「周期表」には100個以上の元素が記載されています。それぞれの元素の個性を引き出し、私たちの生活を豊かにする「夢の分子」創出をめざす、有機元素化学の世界を紹介します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたが勉強に使用している教科書は、「人間がつくった知識」の集大成ですから、今後訂正されたり、変更されたりすることがあるかもしれません。何が正しいかは、常に自然界に答えがあります。若いうちにぜひ、身体と五感を使って、周囲のいろいろなものを見て、知って、考えてください。
化学は、サイエンス分野の中では、新しいものをつくり出すことのできる学問です。有機化学の世界で、元素の性質を調べ、新しい分子や化合物をつくり出すことに、私や仲間と一緒に挑戦してみましょう。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

名古屋市立大学

名古屋市立大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 100以上の個性を持つ元素の世界で、新発見に挑む!

人工的につくり出された元素「ニホニウム」 化学の授業で用いる元素の周期表を見てみてください。原子核中の陽子の少ない順に、番号が振られています。周期表には、118の元素が載っていますが、そのうち自然界に存在するものは原子番号1~95までで、96以降は人工的につくり出されたものです。
中でも、原子番号113「ニホニウム」は、日本の研究者チームによって発見され、2016年に命名された元素です。自然界には存在せず、人工的につくり出されたもので、寿命は1000分の2秒しかありません。世界共通の化学のバイブルに、我が国でつくり出された元素がはいったことは、誇るべきことです。
世の中で活用されている元素とは? 元素には、性質に規則性のある典型元素と、あまり規則性のない遷移元素があります。典型元素は、自然界に多く存在し、「族」という周期表の縦の列ごとに性質が似ていて扱いやすく、ものづくりの材料に利用されています。特に石油製品など有機化合物の大半が、周期表の上から2周を占める炭素などの元素で成り立っているのです。
一方、パラジウムなどの希少な金属である遷移元素も、「有機ELテレビ」などの有機材料をつくり出す化学反応を助ける触媒として産業に欠かすことができません。稀少な遷移元素の代わりになる典型元素を探し出す研究が進められています。
設計図と実験で、新しい有機化合物を発見!? 新しい性質の有機化合物を合成するには、まず周期表から設計図を思い描きます。周期表を見れば、列ごとに元素の構造や性質が予測・計算できるからです。その後、設計図を基に、分子の並べ方や順序を変えたり、熱を加えたりといった実験をして、反応を見ます。その際、色は1つの目安となります。色がつくということは光の波長を吸収している証拠で、例えばその吸収したエネルギーが太陽電池に使えるのではないかと考えることもできます。
有機化学は、元素すべての特徴を解明し、新しい機能を持つ有機化合物をつくり出そうとしているのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたが勉強に使用している教科書は、「人間がつくった知識」の集大成ですから、今後訂正されたり、変更されたりすることがあるかもしれません。何が正しいかは、常に自然界に答えがあります。若いうちにぜひ、身体と五感を使って、周囲のいろいろなものを見て、知って、考えてください。
化学は、サイエンス分野の中では、新しいものをつくり出すことのできる学問です。有機化学の世界で、元素の性質を調べ、新しい分子や化合物をつくり出すことに、私や仲間と一緒に挑戦してみましょう。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

名古屋市立大学

名古屋市立大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る