この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう! 観光が、旅が、まちやむら再生の原動力!

観光って何? 旅行やレジャー、遊びとの違いは? 観光ってどんな効用があるの? 固有の資源を保全・活用しながら、過疎・高齢化した地域の再生に挑む長野県の山岳リゾートを事例に、地域活性化の切り札として期待される観光まちづくりのプロセスを紹介します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

絵はがきになるような景勝地だけが素晴らしいわけではありません。全国各地には、味のある風景があります。慣れ親しんだ風景であっても、見る側の文化や体験、教養によって見え方が変わってくるものです。そこにある物語や、人々のつながりなどは、風景を価値あるものにしてくれます。
一方で、野放図に開発したために、ダメになってしまった風景もあります。風景を見る目を持った人が、まちづくりの計画に携わらなければならないのです。あなたもそういう目を養い、景観を生かすには、どうすべきか考えてみてください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

長野大学

長野大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 地域の住民と協力して新たな観光への転換をめざすプロセスを学ぶ

オールシーズン、オール資源活用の観光へと転換 スキー人口は、1990年頃をピークとし、昨今は半分以下に減っています。例えば、長野県飯山(いいやま)市には、かつてスキー場が10カ所程度ありましたが、今は3分の1ほどです。スキーを目的とした宿泊施設も経営的に厳しくなっています。そこで冬の観光から、春・夏・秋グリーンシーズンの観光への転換が求められています。これはウィンタースポーツを観光の目玉としてきた長野県の観光地やリゾート地全体に共通する課題です。 多様な生活に触れることが大切 こうした課題やその解決方法を考えるには、実際に過疎や高齢化が進む地域に行き、地元の人と交流を深め、現場で問題を把握することが重要です。観光施設経営者や、移住してきた人などからいろいろな話を聞けば、その取り組みを知ることができます。その中で多様な生き方や生活に触れることも大切です。そうすることで、エコツーリズムや地域の暮らし、文化を生かした観光プログラムを提案できます。
また、あまり知られていませんが、魅力的な風景や見晴らしのよいスペースを、もっと観光に活用するためのアイデアを出し合ったりもします。模型を使って既存の施設と周囲の景観を生かした新たな開発計画を三次元で考えることで、より具体的に検討できます。
説得力を持ってプランニングし提案を 膨大な予算が必要な案は、なかなか実現できませんが、地域での社会実験や地域住民による景観づくりなどはすぐに実行に移せます。アイデアを出すだけではなく、説得力を持ってプランニングし、提案できるかどうかが大切なのです。地域の住民と協力して実現に向けたプロセスを考えていきます。
地域の活性化を考えるためには、旅に出ることもいい経験になります。ヨーロッパでは若者が長期間、旅に出ることは一般的です。なぜなら、旅は風景を見たり食事を楽しんだりするだけでなく、人生を豊かにしてくれるからです。いろいろな経験を積み、人生を考える時間を持つことも旅の役割です。旅が新しい視点をもたらしてくれるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

絵はがきになるような景勝地だけが素晴らしいわけではありません。全国各地には、味のある風景があります。慣れ親しんだ風景であっても、見る側の文化や体験、教養によって見え方が変わってくるものです。そこにある物語や、人々のつながりなどは、風景を価値あるものにしてくれます。
一方で、野放図に開発したために、ダメになってしまった風景もあります。風景を見る目を持った人が、まちづくりの計画に携わらなければならないのです。あなたもそういう目を養い、景観を生かすには、どうすべきか考えてみてください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

長野大学

長野大学 大学案内2020

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る