この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう! 生命(いのち)に学び、がんを治癒する。

生命科学とは、生命の営みを細胞・分子といったレベルで研究し、人の暮らしに役立てようとする学問です。がんとはどんな病気? がん細胞は正常細胞と何が違うの? 講義ライブでは、生命科学の視点でがんを学び、新しいがん治療の可能性について紹介します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

何か疑問に感じることがあったらすぐに調べるよう心がけていますか? ネットなり書物なりで新しい情報を手に入れたら、その情報を別のことにも応用しようと考えていますか?
私の専門である生体医工学もそうですが、近年の大学での研究の多くは、さまざまな学問分野の知識や情報を横断的に活用し、研究の幅を広げています。これから大学をめざすあなたにも、情報を活用する力が求められているのです。失敗を恐れずぶつかる気持ちと、情報を駆使して学びを深める気持ちを持って大学に来てください。

夢ナビ講義も読んでみよう ナノ粒子を使ったがん治療薬の研究を、「再生医療」の分野にも応用

再生医療にともなう「がんの芽」細胞の危険性 iPS細胞の研究がノーベル賞を受賞したのを機に、世界中で再生医療の研究が盛んになってきました。ただ、細胞を増殖させて臓器を作る過程で、「がん細胞」が生まれる危険性が懸念されています。
がん細胞と聞くと、恐ろしい細胞が突然生まれてくるイメージを持つかもしれませんが、実は私たちの体の中では、「がんの芽」と言うべき細胞がほぼ毎日のように作られています。ほとんどの芽は、免疫機能によって摘み取られているのですが、細胞分裂の過程でがん化の危険性がある細胞が発生するのは、避けようのない現象なのです。
カギはリン脂質のナノ粒子 せっかく新しい臓器を再生しても、そこからがんが発生しては元も子もありません。そこで現在、細胞を増殖させる段階でがんの芽を探し出し、本物のがん細胞になる前に消滅させてしまう研究が進んでいます。芽を探し出してくれるのは、リン脂質などから作られた「ナノ粒子」です。
これまでの研究で、がん細胞は正常細胞と比較して細胞膜の構造が乱れているため、ナノ粒子を吸着しやすいこと、ナノ粒子が集積したがん細胞は、内部で細胞死のシグナル伝達が発生し、自ら死滅することなどがわかっています。この仕組みを使ったがん治療薬の臨床実験が行われていますが、それを再生医療の分野にも応用しようというわけです。
がんの危険性が極めて低い安全な臓器再生 現在、肝臓細胞に分化させるための幹細胞とナノ粒子を使って、増殖中の細胞の中からがん化するかもしれない細胞をスクリーニングし、細胞死させる研究が進められています。肝がんは、細胞の性質が大腸がんや肺がんなどと似ているので、肝臓の細胞で技術が確立できれば、そのほかの臓器細胞の再生にも応用できるでしょう。
特定の臓器細胞になる前の未分化細胞、つまりiPS細胞の段階からスクリーニングが可能になれば、がん化する可能性が極めて低い、いわば保証付きの臓器再生が行えるようになるかもしれません。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

何か疑問に感じることがあったらすぐに調べるよう心がけていますか? ネットなり書物なりで新しい情報を手に入れたら、その情報を別のことにも応用しようと考えていますか?
私の専門である生体医工学もそうですが、近年の大学での研究の多くは、さまざまな学問分野の知識や情報を横断的に活用し、研究の幅を広げています。これから大学をめざすあなたにも、情報を活用する力が求められているのです。失敗を恐れずぶつかる気持ちと、情報を駆使して学びを深める気持ちを持って大学に来てください。

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

崇城大学
生物生命学部 応用生命科学科 准教授
古水 雄志 先生