帝京大学 福岡医療技術学部 医療技術学科 救急救命士コース 田尻 浩昭 講師

動画を閉じる

救急の現場で求められるもの

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう! 救急救命士に必要なものは?

助けを求める人の元へいち早く駆けつけ、迅速な観察と処置を行い、適切な医療機関へ搬送する救急救命士。その任務には、豊富な医学的知識だけではなく、救急の現場ならではの特殊な能力が求められます。それはいったいどんなものかについて追及します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

救急救命士になるには消防署に配属されながら、一定の現場経験を経て資格取得をめざすことが通例でしたが、現在では、専門学校や大学で専門的な知識を学び、現場活動に必要なスキルを習得して、卒業時に資格試験に臨むという方法があります。
救急救命士はすべての診療科について広く知らなければなりません。出産の現場や、お年寄りの大往生の場面に遭遇することもありますし、中には、搬送先の診療科がなかなか決まらないケースもあります。そうした緊急事態に対応できるということが、救急救命士の醍醐味だと思います。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

帝京大学(福岡キャンパス)

帝京大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 事故現場で最初に患者さんと向き合う救急救命士の仕事

現場と病院をつなぐ医療従事者 医師や看護師と並び医療資格を持った「救急救命士」は救急の現場で活動する職業の一つとして、大事な役割を担っています。しかし、救急救命士の仕事の内容については、よく知られていないかもしれません。救急救命士は、その多くが消防署の職員として配属される専門職です。現場に駆け付けて、けが人や急病人に処置を施す最初の医療スタッフとして活躍しています。現場から医療機関まで搬送する間に、適切な応急処置をして、病院で待つ医療スタッフへスムーズに患者さんを引き継ぐ重要なポジションです。しかも、交通事故の現場から妊婦への対応まで、ありとあらゆるケースに対応できなければなりません。 あらゆる場面に対応できる知識が必要 救急救命士の現場は、交通事故現場で外傷を負った人、あるいは個人宅で倒れてしまった人、さらには妊婦の体調の急激な変化など、その現場の数だけ内容が異なります。出動のたびにさまざまな状況を乗り越えるための知識と判断力が必要となります。こればかりは経験がものをいいます。患者さんと対面して、けがの状況や病状を確認し、その場でできる最良の応急処置を施し、搬送します。1秒たりとも無駄にはできません。病院に到着して医師にバトンタッチするまで最善を尽くします。 活躍の場をもっと 実は、救急救命士は「設備の整った救急車の中」という限られた条件の中でしか医療行為を行うことができません。そのため、これまでは、救急車が配備されている消防署に所属していることが救急救命士になるための前提でした。しかし近年では、病院内、そして大規模商業施設などにも救急救命士が常駐するという動きが広がっています。法の整備を含め、消防署以外の救急救命士の有効な活用が検討されています。
また、救急車が到着するまでの間に行う応急手当を普及させることも救急救命士の大きな役割です。
一般市民から救急救命士、そして医療機関へとスムーズな連携が人の命を繋ぎます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

救急救命士になるには消防署に配属されながら、一定の現場経験を経て資格取得をめざすことが通例でしたが、現在では、専門学校や大学で専門的な知識を学び、現場活動に必要なスキルを習得して、卒業時に資格試験に臨むという方法があります。
救急救命士はすべての診療科について広く知らなければなりません。出産の現場や、お年寄りの大往生の場面に遭遇することもありますし、中には、搬送先の診療科がなかなか決まらないケースもあります。そうした緊急事態に対応できるということが、救急救命士の醍醐味だと思います。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

帝京大学(福岡キャンパス)

帝京大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

帝京大学
福岡医療技術学部 医療技術学科 救急救命士コース 講師
田尻 浩昭 先生