30分のミニ講義を聴講しよう! 持ちつ持たれつ、メディアとスポーツ

スポーツはメディアにとって「最後の砦」とも称されるキラーコンテンツ。スポーツの普及にはメディアの存在が欠かせませんが、ときにメディア側の意向に沿うようルールが変えられてしまうこともあります。両者の関係は一体どうあるべきかを考えましょう。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

旅行会社が旅先の地域の魅力を詰め込んだ映像コンテンツを制作するなど、今や放送局や出版社でなくても映像制作や編集を自分たちで行うようになってきています。何かしらのコンテンツを制作するスキルを持っていることは、将来に幅広い選択肢をもたらしてくれますし、何より、自分の考えや思っていることを形にすることは非常に面白いことです。
映像や活字など、さまざまなメディアにおける表現方法をあなたもぜひ身につけてください。メディア系の仕事は出会いの連続ですから、人生を変えるような体験が待っているかもしれません。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

大正大学

大正大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 「テレビ離れ」が進む中、メディアはどう活路を見出すのか

テレビの特徴と視聴者の変化 メディアにおける表現の中でも映像のインパクトは大きく、特にテレビは広く万人に訴えかけるという意味で頭ひとつ抜けた存在です。ただし1分のニュースにつき約450文字、新聞に換算して40行余りと、伝えられる情報量には限りがあります。資本の論理に対し敏感なのもテレビの特徴で、コストに見合わないという理由で、野球中継や時代劇などのかつての人気番組が地上波ではあまり放送されなくなりました。しかし放映権料などが低く抑えられるBSやCSでは根強いニーズがあり、往年のドラマの再放送と共に高齢者層を中心に人気を博しています。 スポーツを変えるメディアの力 最も巨額の資本が動くのがオリンピックやワールドカップといったスポーツイベントです。例えばオリンピックの放映権は2014年から2032年まで、アメリカのNBCが約120億ドルで購入しています。その結果、NBCの視聴者が視聴しやすい時間帯に、競技のスケジュールが組まれるようになりました。こうしたことは急に始まったわけではなく、バスケットボールのNBAにおけるクォーター制やバレーボールのラリーポイント制など、放送メディアの都合でルール変更が行われるのは珍しくありません。アスリートファーストと言えない状況が生まれていることは、スポーツとメディアの間にある課題と言えます。 変わりゆくインターネットとテレビの関係 通信環境の進歩により、今やインターネットでも手軽に高画質の動画を視聴できるようになりました。無料サイトには、テレビと同様のフォーマットで番組を放送するAbemaTVのようなメディアも登場しました。しかし、テレビと比べれば実は視聴時間がさほど長いわけではなく、伝統的なメディアに比べると広告収入も少ないのが現状です。一方、有料サイトには、好きな時間に好きなコンテンツを視聴できるビデオ・オン・デマンド型のサイトが急速に浸透しています。メディア間の垣根がどんどん低くなる中、より効果的なメディアのあり方が模索されているのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

旅行会社が旅先の地域の魅力を詰め込んだ映像コンテンツを制作するなど、今や放送局や出版社でなくても映像制作や編集を自分たちで行うようになってきています。何かしらのコンテンツを制作するスキルを持っていることは、将来に幅広い選択肢をもたらしてくれますし、何より、自分の考えや思っていることを形にすることは非常に面白いことです。
映像や活字など、さまざまなメディアにおける表現方法をあなたもぜひ身につけてください。メディア系の仕事は出会いの連続ですから、人生を変えるような体験が待っているかもしれません。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

大正大学

大正大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

大正大学
表現学部 表現文化学科 放送・映像表現コース 教授
松崎 泰弘 先生