東北文化学園大学 医療福祉学部 保健福祉学科 齊藤 隆之 准教授

動画を閉じる

あたりまえの生活って何?

30分のミニ講義を聴講しよう! 引き算で考えるソーシャルワークの生活支援

社会福祉の領域で人の「生活」を支援するソーシャルワーカーですが、さまざまな人の力やサービスを利用する足し算や掛け算の一方でそこでは「引き算」の考え方が必要になります。一体どういうことなのか? 生活を支援することについて一緒に考えてみましょう。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

ソーシャルワーカーは生活全般を扱う仕事なので、さまざまな体験がすべて役に立ちます。高校時代は、遊びも含めて何ごとにも幅広く経験してください。特に、仲間と一緒に何かをするということは重要です。自分だけなら絶対やらないことも、誰かと一緒だからチャレンジしたという体験を持つ人は多いでしょう。
QOL(生活の質)の向上を考えることは、自分の体験に照らして、当たり前だと思っていた暮らしを見直すことでもあります。人との出会いも含めて、ぜひ数多くの体験を重ねてください。それが将来の財産になります。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

東北文化学園大学

東北文化学園大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 一人ひとりのQOLを上げるために、生活全般を整える

ソーシャルワーカーという仕事 骨折した患者さんを治療するのは医療者ですし、その後の身体的な機能改善をケアするのはリハビリの専門家です。ではソーシャルワーカーとは、いったい何をするのでしょうか? ソーシャルワーカーは、利用者の生活全般に関わることを扱う、いわば「なんでも屋さん」です。QOL(生活の質)を上げるために、治療が必要な人は医療者につなぎ、障がいや病気のために失職した人には仕事を探すなどのコーディネイトをするのです。 一人ひとりの特性に合う仕事を探す ひと口に障がいと言っても、身体障がい、知的障がい、精神障がい、それに最近注目されている発達障がいなど、内容はさまざまです。また、それぞれの障がいは独立してあるわけではなく、身体障がいと知的障がいが両方ある場合や、知的障がいをともなう発達障がい、ともなわない発達障がいもあり、ひとまとめに語ることはできないのです。
ですから、例えば就労支援についても、対象になる人の特性を見極め、それを生かせるような仕事とマッチングすることが重要です。ひとつのことに「こだわり」があり、気持ちの切り替えがうまくいかない人が、1日中同じ作業をする職場では、ほかの人にはできない集中力を発揮する例もあります。
ソーシャルワーカーにできることとは 生活を整える支援は、就業だけではありません。例えば障がいのある人たちも、人を好きになりますが、なかなか理解されにくいという側面があります。結婚となると、ハードルが高いのですが、恋愛が人生を豊かにし、自己承認欲求を満たすという面は無視できません。そこで、人を好きになったらどういう振る舞いをすればいいのか、何に気をつけたらいいのか、そうした身近なことから、一緒に考えていくことも援助者にできることです。
障がいのある人たちは子どもから高齢者まで、その年代や個人によって課題が異なります。その全般を支援の対象として、QOLを上げるサポートをするのがソーシャルワーカーの役割なのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

ソーシャルワーカーは生活全般を扱う仕事なので、さまざまな体験がすべて役に立ちます。高校時代は、遊びも含めて何ごとにも幅広く経験してください。特に、仲間と一緒に何かをするということは重要です。自分だけなら絶対やらないことも、誰かと一緒だからチャレンジしたという体験を持つ人は多いでしょう。
QOL(生活の質)の向上を考えることは、自分の体験に照らして、当たり前だと思っていた暮らしを見直すことでもあります。人との出会いも含めて、ぜひ数多くの体験を重ねてください。それが将来の財産になります。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

東北文化学園大学

東北文化学園大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

東北文化学園大学
医療福祉学部 保健福祉学科 准教授
齊藤 隆之 先生