動画を閉じる

フェリス女学院大学 音楽学部 音楽芸術学科 星野 聡 教授

舞台作品を演じる楽しみ!

舞台作品を演じる楽しみ!

フェリス女学院大学 
音楽学部 音楽芸術学科

星野 聡 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!コーラスを上手に歌うために必要なこと

学校の合唱コンクールや合唱部のコンサートなど、合唱を発表する機会は意外に多いものです。もし皆さんが指揮者だったらどのようにまとめていきますか? コーラスを上手に歌えたら皆の団結力も上がるし、何より感動的です。そのコツを一緒に考えてみませんか。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたには、この先ずっと努力し続けられる、そんな道を選んでほしいです。得意かどうかは、あまり関係ありません。本当に好きだと思う道で一生懸命がんばっていれば、いつか必ず成果は出ます。それに、努力していくことを楽しいと思えれば、それがかけがえのない生きがいとなるでしょう。
ときには、苦しいこともあるかもしれません。そんなときは、同じような目標を持った仲間があなたを助けてくれます。私自身、多くの友人や恩師に助けられました。あなたも、ぜひ大切な仲間とともに目標を持ってがんばってください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

フェリス女学院大学

フェリス女学院大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう合唱のコツはイメージをつかむこと

歌はイメージをつかむことから あなたは、音楽の授業や合唱部などの部活で合唱をする際、指導者の言葉が抽象的でわかりにくいと感じたことはありませんか? 確かに、合唱指導の言葉は、あまり論理的ではないかもしれません。しかしそうなるのは、歌を歌うことにおいてはイメージをつかむことが重要だからです。楽器とは違い、声は目には見えないところから出しています。目には見えないところを動かさなければならないので、イメージが大切なのです。イメージは言葉だけでは言い表せないので、指導者はジェスチャーを交えて指導します。ですから指導者が何気なく使うジェスチャーも、決して見逃せません。イメージをどうつかむかが、歌の歌い方に多大な影響を及ぼすのです。 「おなかに空気を入れる」というイメージ 例えば合唱の際、「おなかに空気を入れて」と指導されたことがあるでしょう。歌を歌うときにまず大事なのは、「腹式呼吸」です。しかし、実際に息が入るのは肺であって、おなかには息は入りません。それでも、息を吸ったらおなかが膨らむようなイメージで息を吸うと、のびやかなよい声が出ます。イメージを元に体を動かすと、それがよりよい歌声を響かせることにつながるのです。 合唱は一体感を表現するもの 合唱では周りの声と溶け合わなければなりません。独唱は個性が必要ですが、合唱では一人ひとりの声がそろっていることが重要です。具体的には、隣の人と似たような声の出し方をするよう意識することです。それぞれが違った声を出していては、さまざまな声部(パート)が合わさりハーモニーとなることに支障をきたします。一人ひとりが同じような出し方をして声がそろっている、この状態でみんなが同じ方向を向いているからハーモニーを生むのです。息を合わせ、隣の人がどう感じているかを感じながら声を出すということが大事なので、合唱はコミュニケーションのひとつと言っていいでしょう。だからこそ、うまくいったときに大きな喜びがあるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたには、この先ずっと努力し続けられる、そんな道を選んでほしいです。得意かどうかは、あまり関係ありません。本当に好きだと思う道で一生懸命がんばっていれば、いつか必ず成果は出ます。それに、努力していくことを楽しいと思えれば、それがかけがえのない生きがいとなるでしょう。
ときには、苦しいこともあるかもしれません。そんなときは、同じような目標を持った仲間があなたを助けてくれます。私自身、多くの友人や恩師に助けられました。あなたも、ぜひ大切な仲間とともに目標を持ってがんばってください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

フェリス女学院大学

フェリス女学院大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

フェリス女学院大学
音楽学部 音楽芸術学科 教授
星野 聡 先生