動画を閉じる

関東学院大学 理工学部 土木・都市防災コース 規矩 大義 教授

防災、そして復興~誰の為に学ぶのか~

防災、そして復興~誰の為に学ぶのか~

関東学院大学 
理工学部 土木・都市防災コース

規矩 大義 教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!防災・減災・復興学 ~土木の枠を超えろ~

大規模災害が頻発する日本。これからのシビルエンジニアには工学的視点からの「防災」に加えて、人文・社会科学的な発想との融合が求められています。「人」や「社会」の未来と希望を醸成する新しい学問分野「防災・減災・復興学」を創造する必要があります。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたは将来どんなふうに働きたいか夢を持っていますか? 具体的な職業というよりも、社会に対してどんなふうに貢献したいかを考えてみてください。例えば漠然と公務員になりたいと考えるよりも、自分が地域にどんなふうに、どんな形で役立ちたいかを考えた上で、そのための学びを深める方が好ましいはずです。
今の自分に何ができるか、実力がどれくらいあるかにとらわれることはありません。あなたの望んだ社会をつくり、生き生きと働くのが豊かな人生と言えるでしょう。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

関東学院大学

関東学院大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう工学の技術と人文・社会科学の知識を結びつけた防災計画を

復興を進めていく上で大切なこと 東日本大震災の復興では、工学的な見地に人文・社会科学分野の知見を融合した発想が求められています。都市計画に従って、一見完成された街ができあがったとしても、住む人々の心や街の歴史、なじんだ文化などが無視されてしまえば、それは真に復興したとは言えません。心理学や社会学、地域史、文化史といった分野の専門的見地に基づいて、地域の実情をすくい上げ、研究者と地域が融合しながら奥行きのある立案をしていくのが理想です。また、行政側も、人や社会に優しい工学技術のことを理解してもらった上で、その技術を活用できる施策ができると、復興はスムーズになります。専門分野を横断したコミュニケーションが重要なのです。 「防災・減災・復興」のために 技術でできる対策の範囲には限界があります。ですから防災では、どこまで防げるかを技術者が真摯に説明する必要があります。専門家ではない人に、現在の技術でできることを理解してもらうことが大事です。減災も同様に、科学的に被害の程度を予測する努力が前提で、その結果、被害を減じる方法を提案・証明してこその減災と言えます。不幸にも被災した人々は復興しなければなりません。集団移転をうながして防波堤をつくった後は自助努力で、というのではなく、人々が、その地域、社会で誇りを持って生きていく環境を整えていくことが大切です。さまざまな知識をリンクさせた「防災・減災・復興学」という新しい学問体系が求められます。 リーダーシップを取るのは? 復興の現場で人文・社会・自然科学のさまざまな分野の専門家が集まった際に、誰がリーダーシップを取るかという問題が持ち上がります。土木分野の技術者・研究者ならば、基本的に現地に行って、現場を目で見て知っており、住んでいる人の顔も見ています。また、技術でできることの限界を説得力をもって語れるのも土木分野の経験があってこそです。土木工学を学んだ立場ならではのコーディネートができることによって、よきリーダーとなれるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたは将来どんなふうに働きたいか夢を持っていますか? 具体的な職業というよりも、社会に対してどんなふうに貢献したいかを考えてみてください。例えば漠然と公務員になりたいと考えるよりも、自分が地域にどんなふうに、どんな形で役立ちたいかを考えた上で、そのための学びを深める方が好ましいはずです。
今の自分に何ができるか、実力がどれくらいあるかにとらわれることはありません。あなたの望んだ社会をつくり、生き生きと働くのが豊かな人生と言えるでしょう。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

関東学院大学

関東学院大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

規矩 大義 先生の他の夢ナビ講義
1分動画
液状化を制御し社会生活を守る、土木工学の醍醐味 夢ナビ講義を見る
1分動画
地震のときに被害を最小限に食い止める地盤の工夫とは? 夢ナビ講義を見る
このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る