動画を閉じる

白鴎大学 法学部 法律学科 蓮田 哲也 准教授

取引における未成年者の保護

取引における未成年者の保護

白鴎大学 
法学部 法律学科

蓮田 哲也 准教授

30分のミニ講義を聴講しよう!超高齢社会と法~成年後見制度とは~

加齢や事故、病気によって自分が何をしたいのか、何をしているのかわからなくなってしまうこともあります。私たちが安心して生活していくために、法は成年後見制度を用意しています。この制度とはどのようなものか、問題ないのかについて考えましょう。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたは、勉強は好きですか? 私は高校時代、「これは何のための勉強なのか?」が全然わからず、勉強が嫌いでした。
大学に入ってから学ぶことのできる法学という学問は、社会で今起きていることとつながっています。何か問題がある時に、その問題をどのように解決していくのか、そのための方法を学んでいきます。大学で、法学を勉強してみませんか? もしあなたが勉強を好きではなくても、法学なら興味を持てると思います。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

白鴎大学

白鴎大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう認知症の高齢者をサポートする「成年後見制度」とは?

認知症の人が陥りがちな危機 人間は年を取ると、誰もが認知症などの精神疾患を患う可能性があります。精神疾患によって記憶力や判断力が低下してくると、時として、社会生活の中でその人が大きな不利益を被るケースがあります。
例えば、認知症を患っている人が、知人に銀行の預金通帳を預けたことを忘れてしまい、「通帳がなくなった!」と騒ぎ出し、知人が通帳を見せると「どろぼう!」と非難するといった事例は多々あります。また、判断力が低下しているため、詐欺の被害に遭うこともあります。そのため、特に財産や土地などが関わる案件では、こうした人を保護する仕組みが必要なのです。
法律によって土地や財産を保護する 日本には、社会生活を営む上で正しい判断を下すことが難しくなっている人を、民法といくつかの特別な法律によって保護する「成年後見制度」という仕組みがあります。特に、常に判断力を欠いているために保護される人を「成年被後見人」といい、この保護を申請できる人は、本人、配偶者、4親等内の親族、保護者、検察官、市区村長など、幅広く認められています。社会の中には、身寄りのない状態で精神疾患にかかって苦境に陥っている人も多いからです。
対象者を成年被後見人と認定するかどうかは、本人との面接や病院でのテスト結果などを考慮しつつ、家庭裁判所が判断します。成年被後見人とされた人は、日常生活の中で必要な物の購入以外は原則として財産の処分を行えず、誤って土地や財産を処分してしまっても、後見人に指定された人が後からそれを取り消すことができます。
地域社会全体による取り組みが必要 成年後見制度はとてもしっかりとした仕組みですが、その存在自体を知らない人が大勢います。よい制度でも、運用されなければ意味がありません。今後、少子高齢化がますます進展する日本の社会において、各家庭による努力だけで高齢者の人たちを支えていくのには限界があります。地域社会全体の取り組みによって制度を適切に活用しながら、きめ細かくサポートしていくことが必要なのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたは、勉強は好きですか? 私は高校時代、「これは何のための勉強なのか?」が全然わからず、勉強が嫌いでした。
大学に入ってから学ぶことのできる法学という学問は、社会で今起きていることとつながっています。何か問題がある時に、その問題をどのように解決していくのか、そのための方法を学んでいきます。大学で、法学を勉強してみませんか? もしあなたが勉強を好きではなくても、法学なら興味を持てると思います。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

白鴎大学

白鴎大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

白鴎大学
法学部 法律学科 准教授
蓮田 哲也 先生