動画を閉じる

帝京大学 医療技術学部 診療放射線学科 菱木 清 准教授

とてもやさしい画像診断と放射線治療の世界

とてもやさしい画像診断と放射線治療の世界

帝京大学 
医療技術学部 診療放射線学科

菱木 清 准教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!とてもやさしい画像診断と放射線治療の世界

放射線医学の中心は画像診断と放射線治療で、現在の医療に欠かせません。興味はあるけど難しいと思われる内容を究極に簡単に説明します。何回も「なるほど」と感じられる内容で、新しい発見と知る喜びが満載です。誰かに話したくなる情報に溢れた30分です。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

これまで病気の解明には画像診断が大きく関わってきました。医学の進歩には不可欠だった画像診断ですが、実はX線という語が省略されているのです。これらの放射線には、画像診断として病気を見つけるほか、放射線治療のようにがんなどを治す側面もあります。
学問として高度な点もありますが、診断と治療の共通点、相違点をはじめ、難しい内容をどのように工夫したらわかりやすく伝えられるかと考えるのも私が日々求めていることのひとつです。放射線に関する医学、検査に興味があって専門職をめざすなら、帝京大学で一緒に勉強しませんか。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

帝京大学(福岡キャンパス)

帝京大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう医療に用いる放射線と診療放射線技師の仕事とは

放射線とX線の違い X線と放射線、どちらもよく聞きますが、その違いについて考えたことはあるでしょうか。放射線には、α線、β線、γ線、陽子線、電子線、中性子線などさまざまなものがありますが、X線もその中のひとつというのが答えです。X線だけ突出してよく耳にするのは、人間が製造した装置によって、比較的簡単に出すことができ、画像化するのに適した性質をもっているからです。このX線は、1895年ドイツのレントゲン博士により発見されましたが、この年は、人類が初めて放射線の存在を知った年であり、またすべての放射線医学の始まりの年であったとも言えるのです。 放射線治療について 放射線は、病気を見つけるだけでなく、放射線治療としてがんを治す役割も担っています。診断と比べて大量の放射線量が必要なので、「放射線が正常組織に当たるのを極力避けながら、がん細胞に正確に照射する」ことが技術的に重視されます。その意味から、近年の放射線治療の進歩は、治療装置の進化のみでなく、病巣の位置を正確にとらえる意味でCT、MRIなどの装置の進化のほか、放射線量を正確に計算するコンピュータも大きく寄与していると言えるのです。現在はリニアックという放射線治療装置が主流で、高エネルギーX線と電子線を照射でき、病巣が体の深部であれば、X線、表面近傍であれば電子線といったように、がんの位置によって放射線の種類を選択しています。 職業としての診療放射線技師 診療放射線学(診断・放射線治療・核医学)の中で、放射線には、病気を見つけ、そして治す観点から、診断(画像の話)と放射線治療の2つの役割があります。例えばX線は、双方に利用される点で重要ですが、用途によって、使用する装置や、エネルギーが違います。すべての放射線を理解し、適切に用いることで医療に携わるのが診療放射線技師の仕事です。主に装置を扱う一方、医療人として患者さんに思いやりをもって接する仕事でもあります。この両輪を満たしてこそ尊い仕事と言えるでしょう。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

これまで病気の解明には画像診断が大きく関わってきました。医学の進歩には不可欠だった画像診断ですが、実はX線という語が省略されているのです。これらの放射線には、画像診断として病気を見つけるほか、放射線治療のようにがんなどを治す側面もあります。
学問として高度な点もありますが、診断と治療の共通点、相違点をはじめ、難しい内容をどのように工夫したらわかりやすく伝えられるかと考えるのも私が日々求めていることのひとつです。放射線に関する医学、検査に興味があって専門職をめざすなら、帝京大学で一緒に勉強しませんか。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

帝京大学(福岡キャンパス)

帝京大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

帝京大学
医療技術学部 診療放射線学科 准教授
菱木 清 先生