動画を閉じる

大正大学 心理社会学部 人間科学科 田中 俊之 准教授

男性学入門

男性学入門

大正大学 
心理社会学部 人間科学科

田中 俊之 准教授

30分のミニ講義を聴講しよう!男性学入門

なぜ文系志望には女子が多く、理系志望には男子が多いのでしょうか? 同じ文系でも、男子は経済・経営、あるいは法律など、「実際的」な分野を選ぶ傾向があります。講義ライブではジェンダー論の視点から、とりわけ男性という性別に焦点を当てて解説します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

進路について考える時、男子だったらなんとなく理系、女子だったらなんとなく文系を選ぶ、あるいは男子だから文系でも経済や法律など就職の役に立ちそうな分野を学ばないといけないのかな、と考えている人が多いのではないかと思います。あなたはそれを当たり前だと思っているかもしれませんが、どうして当たり前なのでしょうか?
社会学とは、このようにみんなが当たり前だと思っていることが、どうして当たり前なのかという自明性について考える学問です。あなたも興味があったら、一緒に学んでみませんか。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

大正大学

大正大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう「男らしさ」や「女らしさ」の通念を疑ってみよう

社会的・文化的な性「ジェンダー」 私たちは社会の中で、男性はこうあるべき、女性はこうであるべき、などと性別を社会的・文化的基準でとらえて考える傾向があります。こうした社会的・文化的な性別は「ジェンダー」と呼ばれています。そして、人はともすると、誰もが「それは男性だから、女性だから、当たり前」という自明性を持ってジェンダーを受け入れてしまう傾向があります。しかし、私たちが考える「男らしさ」や「女らしさ」は、実は時代とともに刻々と変化しているのです。 SMAPとディズニーのプリンセス 日本ではかつて、俳優の高倉健さんのように、たくましさや強さ、背中で語る寡黙さといった「かっこいい」イメージが、男らしさの象徴と考えられていました。その後、SMAPのようにコントや料理などもこなせる多彩なタレントが台頭し、面白さ、まじめさ、やさしさ、細やかな気配りなど、それまで女らしさとされてきたような特性も「かっこいい」と受け止められるようになりました。
一方、女らしさのイメージの変遷は、ディズニーのプリンセスの変化をたどってみるとわかりやすいでしょう。かつてはシンデレラや白雪姫のようにプリンスの登場を待つ、どちらかというと受け身がちなプリンセスが多かったのですが、最近では『アナと雪の女王』のアナや、『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルのように、積極的で自立したプリンセスが肯定的に描かれるようになりました。日本でも『美少女戦士セーラームーン』の頃から、「女の子も戦う時は戦う」というイメージが定着してきています。
生き方を考えさせる社会学 社会学の研究をする際は、このように誰もが当たり前だと考えていることを、「そもそもどうして当たり前なのか」、と疑ってみる視点が必要です。こうした学びを深めていくことは、私たちの生き方そのものにも影響を及ぼします。社会学は、私たちはどう生きるべきかというテーマにもつながる学問なのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

進路について考える時、男子だったらなんとなく理系、女子だったらなんとなく文系を選ぶ、あるいは男子だから文系でも経済や法律など就職の役に立ちそうな分野を学ばないといけないのかな、と考えている人が多いのではないかと思います。あなたはそれを当たり前だと思っているかもしれませんが、どうして当たり前なのでしょうか?
社会学とは、このようにみんなが当たり前だと思っていることが、どうして当たり前なのかという自明性について考える学問です。あなたも興味があったら、一緒に学んでみませんか。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

大正大学

大正大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

大正大学
心理社会学部 人間科学科 准教授
田中 俊之 先生