医療における臨床検査値の役割| 神戸学院大学 藤田 誠一 教授 | 夢ナビTALK

動画を閉じる

神戸学院大学 栄養学部 栄養学科 藤田 誠一 教授

医療における臨床検査値の役割

医療における臨床検査値の役割

神戸学院大学 
栄養学部 栄養学科

藤田 誠一 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!医療と役割

現在の医療はチーム医療が重視され、臨床検査技師は客観的なデータを診療側へ送り、適格な治療、予後観察などに貢献する重要な位置にいます。また、予防医学などへの参画も重要です。講義ライブでは、実例を交えて臨床検査技師のあるべき姿を説明します。

先生からのメッセージ

先生画像

高校に進学すると、理系か文系かの選択を迫られるでしょう。そのため、早く興味のある分野やなりたい職業は何かなどを考え、例えば「医療」「食品」といった大きな枠組みだけでも決定し、進むべきは理系か文系かぐらいは見極めておくことが大切です。
といっても、私の場合は性格が内気で、人と話すのが苦手だったことから、両親に知識で勝負できる理系の道を勧められたのがきっかけでした。自分の将来像を描くのが難しいなら、家族や友人にも相談しながら、自分の内面と向き合ってみてください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

神戸学院大学

神戸学院大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう現代医療の根幹を担う臨床検査技師の仕事とは

診断の基準となるデータを測定 医師が病気の診断をするにあたり、問診で患者さんから聞き取った情報に加えて基準とするのが、「検査データ」です。つまり、現代の医療においては、客観的な検査データに基づいて診断するのがスタンダードになっているのです。病気の診断や健康診断において、検査データは正しい診断を行い、健康を維持する上で欠かせません。そんな検査の中でも血液検査や生理機能検査などの結果を測定するのが、国家資格である臨床検査技師の仕事の一つです。このデータが正しく測定されていないと、医療の根幹が揺るがされます。それだけ臨床検査技師は現代医療において重要な役割を担っているといえます。 チーム医療の一員として 臨床検査技師といえば、検査室にこもってデータ測定しているイメージがあるかもしれません。しかし、医師や看護師を除けば、患者さんに直接触れることができる資格を持っているのが臨床検査技師です。例えば、血液検査のための採血や心電図の測定などを行うことも臨床検査技師の仕事です。病院においては、医師や看護師、薬剤師、栄養士などとともに治療を行うチーム医療の一員となって、臨床検査技師は医療に貢献しています。 遺伝子解析など研究分野は多彩 臨床検査技師の役割は、今では多岐にわたっています。例えば、新薬が出たときに臨床試験をするため、製薬会社の薬剤師と医師とをつなぐ「治験コーディネーター(CRC)」として活躍する人もいます。また、生体についての知識を生かして、組織・臓器のバイオバンクの職員となることも可能です。もちろん、研究者として、動脈硬化の原因追究や新しい測定法の開発、遺伝子解析を行うなど、担う分野は幅広くあります。臨床検査技師になれば、「患者さんのために役立つ仕事がしたい」「今まで測定できなかった物質を測定できる方法を考案して、難病治療に貢献したい」といった、誰かのために役に立つ仕事を成し遂げる可能性が広がっているのです。

先生からのメッセージ

先生画像

高校に進学すると、理系か文系かの選択を迫られるでしょう。そのため、早く興味のある分野やなりたい職業は何かなどを考え、例えば「医療」「食品」といった大きな枠組みだけでも決定し、進むべきは理系か文系かぐらいは見極めておくことが大切です。
といっても、私の場合は性格が内気で、人と話すのが苦手だったことから、両親に知識で勝負できる理系の道を勧められたのがきっかけでした。自分の将来像を描くのが難しいなら、家族や友人にも相談しながら、自分の内面と向き合ってみてください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

神戸学院大学

神戸学院大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る