動画を閉じる

帝京大学 経済学部 国際経済学科 菊池 正 准教授

国際経済の元気な挑戦と取組inベトナム!

国際経済の元気な挑戦と取組inベトナム!

帝京大学 
経済学部 国際経済学科

菊池 正 准教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!国際経済の舞台で「自分」を見つけよう!

グローバル化は私たち市民が主人公となり途上国の人と新しい価値を創るチャンスを与えてくれます。時代が求める国際経済の知識、魅力を学ぶ最初の一歩を踏み出しませんか。国際経済の視点、ベトナムで従事した援助協力・日系企業支援の取り組みを紹介します。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

開発経済学、国際経済学を教えています。貿易も、投資も、ものづくりも、どんなことも一人だけではできません。グローバル化時代の開発経済学は、双方(先進国と途上国)が「Win-Win」の望ましい状況になるようにするにはどうすればいいか、その方法を学ぶ学問です。
あなたたちの現代社会は外国に行かなくても、日本でアジアをはじめとする海外から来た人々と、一緒に学んだり働いたりする時代です。単に教室で学ぶだけでなく、ともに協力し、そのためのコミュニケーションを深めていける学びの場を提供したいと思っています。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

帝京大学

帝京大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう海外の開発援助に欠かせない、“コミュニケーション力”を養おう!

海外への開発援助で求められること アジア諸国をはじめとする開発途上国は、日本などの先進国からの開発援助をさまざまな形で必要としています。途上国の開発援助と聞くと、川に橋を架けたり、学校を建てたりといった活動やイメージを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、それはほんの一面に過ぎません。例えば、現地に日本の企業が支社や工場を設置するのを支援したり、その際に必要な、現地で受け皿となる環境作りを現地の人と一緒に企画、サポートしたりといったことも、今の時代の開発援助活動には求められています。 良好な関係を構築していくために 開発援助において、「人間開発」(ヒューマン・デベロップメント)は非常に重要な要素です。健康状態の改善や教育機会の拡大など、現地の人々の暮らしの質を向上させることは、その国の将来を担うことのできる人材を数多く輩出することにつながるからです。その上で、支援をする側がただ援助を与え続けるのではなく、支援する側とされる側の双方が「Win-Win」になれる人間関係を築いていくことが大切です。そうした良好な関係を構築することのできる人材は、これからの時代、多くの企業や団体で必要とされています。 コミュニケーション力を養うには? 開発援助は、途上国の人々からのリクエストを受け、それに応える形で実施されます。その際、支援する側に必要とされるのがコミュニケーション力です。現地の人々と正確で親切なやりとりを通して、相互理解を深めることのできる人材が必要となります。
海外の人々とのコミュニケーション力を高めるには、英語であれ、現地の言葉であれ、その国の文化を理解して話をすることが一番いい方法です。学生時代のうちに積極的に留学して、言葉だけでなく異文化理解を深める経験を積むことも有効でしょう。一人きりで勉強するのではなく、多くの友人とコミュニケーションしながら楽しく学びを深めていくと、社会の新しい価値、将来の夢を発見する先見性も養うことができるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

開発経済学、国際経済学を教えています。貿易も、投資も、ものづくりも、どんなことも一人だけではできません。グローバル化時代の開発経済学は、双方(先進国と途上国)が「Win-Win」の望ましい状況になるようにするにはどうすればいいか、その方法を学ぶ学問です。
あなたたちの現代社会は外国に行かなくても、日本でアジアをはじめとする海外から来た人々と、一緒に学んだり働いたりする時代です。単に教室で学ぶだけでなく、ともに協力し、そのためのコミュニケーションを深めていける学びの場を提供したいと思っています。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

帝京大学

帝京大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

帝京大学
経済学部 国際経済学科 准教授
菊池 正 先生