この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう! いろいろな「健康」を看護の視点で考える

看護は病気になった人がもとの健康にもどるように、今健康である人がもっと健康になるように、今健康な人が不健康にならないように援助するのが仕事です。健康のイメージは人それぞれ異なるので、それにあわせて違った視点から看護のあり方を考えていきます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

看護師という仕事は、とても魅力ある仕事です。赤ちゃんから高齢者まで、さまざまな人との出会いがあり、人がますます好きになる仕事です。また、自分の人生経験がそのまま仕事に生かされるので、経験が深くなればなるほど、患者の気持ちに寄り添った看護ができるようになります。看護を通して、人がどんな風に生まれ、どんな風に生き、そして死んでいくのかを垣間みることができるのです。自分の心を上手にコントロールしながら、患者のことを一生懸命思いやる気持ち、これが看護師にとって大切なスキルだと思います。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

東北福祉大学

東北福祉大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう 看護師は患者をサポートするのが仕事

看護師は単に医師の助手ではない 「看護師」と聞いて多くの人が想像するのは、医師のそばにいて作業を支える姿でしょう。もちろん、診療の介助も仕事の一部です。しかし看護師は、単なる医師の助手ではありません。看護とは、人が生きていくために必要なケアを施すことを指します。食べる、眠る、排泄する、活動するというような、基本的な日常生活を援助し、これまでできなかったことをできるように自立を促します。このような看護ケアは、昔も今も変わりません。また、看護の対象は、病院に入院している人だけではありません。病気を持っている人が、病気を克服したり、悪化しないようにしたり、予防をすることも大切な仕事です。あらゆる年齢、立場の人を対象に援助をします。 治癒するまでのプロセスをサポート 医師と看護師の対応では、どのような違いがあるのでしょうか。例えば、患者に対して、この人はこういう病気で、何kcalの食事制限が必要だと、医師が判断したとします。それを受けて看護師は、患者に対してどのような看護のケアを進めたらよいのかという「看護計画」を立てます。食事ひとつにしても、どんな食べ物を組み合わせて、どんな風に、どのタイミングで食べさせたらよいのかなど、治癒がよりスムーズに進むためのプロセスを具体化し、実行するのが、看護師の仕事です。また、ときには患者の心のケアをすることも必要です。 看護師に必要なスキルは「自主性」 看護師にとって一番必要なスキルは、今、患者に何をすべきなのか、自分で考えて動く「自主性」です。医師に言われたことを、ただそれに従って行うだけではなく、一人ひとりの状態に合わせて援助の仕方を考え、課題を見出していくことが大切です。看護とは、人が生まれて、生活をし、死に至るまで、患者の人生の一部に関わる尊い仕事です。さまざまな人に出会うことで、多くの学びが得られ、自分も大きく成長できるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

看護師という仕事は、とても魅力ある仕事です。赤ちゃんから高齢者まで、さまざまな人との出会いがあり、人がますます好きになる仕事です。また、自分の人生経験がそのまま仕事に生かされるので、経験が深くなればなるほど、患者の気持ちに寄り添った看護ができるようになります。看護を通して、人がどんな風に生まれ、どんな風に生き、そして死んでいくのかを垣間みることができるのです。自分の心を上手にコントロールしながら、患者のことを一生懸命思いやる気持ち、これが看護師にとって大切なスキルだと思います。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

東北福祉大学

東北福祉大学 大学案内2019

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう 英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

東北福祉大学
健康科学部 保健看護学科 教授
杉山 敏子 先生