動画を閉じる

広島大学 総合科学部 総合科学科 町田 章 准教授

ことばから心をみる

ことばから心をみる

広島大学 
総合科学部 総合科学科

町田 章 准教授

30分のミニ講義を聴講しよう!ことばから心をみる

「ことば」と「ものの見方やとらえ方」は密接に関係しているのでしょうか? 講義ライブでは、「認知言語学」と呼ばれる分野で研究されている、ものの見方やとらえ方と言語の関係について紹介します。身近にあることばの不思議について一緒に考えてみましょう。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私の専門は「言語学」です。日本語や英語について研究しています。言語学者というと、「さまざまな言語を話せる人」というイメージを持っている人が多いと思いますが、実際には、言葉について科学的に研究している人たちのことです。
私は、「言葉を話している時に頭の中で何が起こっているのか」という問題、「話す言語が違うと、考え方やものの見方が違うのか」という問題について研究しています。言葉を科学的に研究したいと思っている人は、ぜひ広島大学で言語学を学んでください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

広島大学

広島大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう言語が違うと、ものの見方や感じ方が異なるのはなぜ?

世界には日本語にはない考え方の言語がある 世界には7000もの言語があると言われています。その中には日本語にはない考え方を持つ言語もたくさんあります。例えば、日本語ではものを指し示す時「あれ」「それ」「これ」の3つに分けますが、エスキモーのある言語では「あれ」をさらに「視線の上にあるもの」「視線上にあるもの」「下にあるもの」に、また静止しているか動いているかも区別すると言われています。それだけでなく、対象が隠れているかどうか、つまり、見えているかどうかまでも区別して指示代名詞を使い分けるのです。 文化や習慣が言語に反映される なぜこんな複雑な指示代名詞が存在するのでしょうか。それにはエスキモーの文化や習慣が関係しています。言語にはそれを使う人々の文化や習慣が深く関わっているのです。しかも、これは単に表現の仕方が違うといった表面的なことでなく、使用している言語によって世界のとらえ方が異なっていることを示しているのです。
子どもは母語を身につける中で、その言語に受け継がれたものの見方や感じ方を身につけるので、彼らは世界をそのような形で見るようになります。大人になって外国語の習得が難しいのは、ものの見方や感じ方が母語によってある程度固定化されるからなのです。
言語化に関わる原理を突き止める では、文化や習慣はどのようにして言語化されるのでしょうか。何も知らない子どもが複雑な言語を習得することを考えると、そこには何か単純な原理があると考えるのが自然です。例えば、日本語では「時間が流れる」と言います。実際には時間は流れているわけではありませんが、川の水のように流れると認識するのです。これは「メタファー(隠喩)」ですが、このような人間が生まれながらに持っている共通原理がいくつかあって、それらを個々の文化の中で使うことで言語が形成されます。ただし、それは無意識に行われるため、なぜそうなったのかを説明することは容易ではありません。それを突き止めるのが言語学者の役割の一つです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私の専門は「言語学」です。日本語や英語について研究しています。言語学者というと、「さまざまな言語を話せる人」というイメージを持っている人が多いと思いますが、実際には、言葉について科学的に研究している人たちのことです。
私は、「言葉を話している時に頭の中で何が起こっているのか」という問題、「話す言語が違うと、考え方やものの見方が違うのか」という問題について研究しています。言葉を科学的に研究したいと思っている人は、ぜひ広島大学で言語学を学んでください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

広島大学

広島大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

広島大学
総合科学部 総合科学科 准教授
町田 章 先生