動画を閉じる

福岡女学院大学 人間関係学部 子ども発達学科 藤田 一郎 教授

前向き子育てプログラムの効果

前向き子育てプログラムの効果

福岡女学院大学 
人間関係学部 子ども発達学科

藤田 一郎 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!乳幼児の行動観察と子育て相談

子どもの成長・発達を支援する保育者・教師をめざす皆さんのための講義ライブです。①乳幼児の行動を観察し、その気持ちを理解して子どもと保護者の関係を考えます。②子育てに悩む保護者の、子どもへの対応に役立つ子育ての方法についてお話しします。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私はもともと小児科医です。診療の中で親に対して子育てやしつけの話をすることも多く、体の治療にとどまらず心身両面で保護者や子どものサポートを行ってきました。
実は子どもの病気は心の問題とも深く関わっていて、予防医学的に考えると、教育、子育てのサポートは大変重要です。このような医者の枠を超えた活動のおかげで、「教育に目覚めた医者」と呼ばれています。福岡女学院大学では、学生と一緒に保育、子育てを研究しています。一緒に勉強しませんか。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

福岡女学院大学

福岡女学院大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう発達障がいの子どもが、自立するための子育てとは

能力が違っているのは当たり前 私たち誰もが、すべての能力に優れているわけではありません。「運動は得意だけど、文章を書くのは苦手」というように得手不得手があります。その能力の中には先天的であるために、努力してもあまり変わらないものもあります。
発達障がいの子どもは、絵はとっても上手だけど、自分の名前はうまく書けないというように、能力の凹凸が激しいのが特徴です。ただし、能力が平均的であることと、能力の差が激しいのは「個性の違い」であって、それだけで「障がい」ということはできません。
不登校などにつながる、日本の発達障がいの現状 「障がい」になるのは、能力の差を悲観して、心身症や登校拒否など体や行動に変調が表れる場合です。症状としては、暴力的になるなど外向的になるか、内向的になって自閉的になるなどの2つのパターンがあります。
日本では、内向的になり不登校の子どもが多いのが特徴です。これは、教育文化も影響しています。日本では保護者は、できない点を指摘して、できることをほめない傾向があります。可能性を認めてもらえないので、子どもはどうしても後ろ向きになります。保護者としても、そうした同様の教育を受けてきたため、ほかの子育てを知りません。そうしたことが、子どもが内向的になる理由だと考えられます。
自立を促す子育てを行う 子育ての目標は自立です。これは、発達障がいの場合も同じです。ある能力が劣っていても、他の人に助けを求めたり、別のことで補ったりできれば問題ありません。名前が書けなくても、絵が上手であればそれを伸ばせばいいわけです。そのためには、絵を描くことでどんなよいこと(報酬)があるかを教えることが大切です。
その結果、意欲的になり自尊心が高まれば、不得手なことを補うのはさほど難しくありません。保護者の価値観を子どもに強制することが子育てではありません。子どもとの人間関係を築く中で、子どもの反応を見ながら能力を伸ばす支援を行うこと、それこそがすべての子育てにとって大切なことなのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私はもともと小児科医です。診療の中で親に対して子育てやしつけの話をすることも多く、体の治療にとどまらず心身両面で保護者や子どものサポートを行ってきました。
実は子どもの病気は心の問題とも深く関わっていて、予防医学的に考えると、教育、子育てのサポートは大変重要です。このような医者の枠を超えた活動のおかげで、「教育に目覚めた医者」と呼ばれています。福岡女学院大学では、学生と一緒に保育、子育てを研究しています。一緒に勉強しませんか。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

福岡女学院大学

福岡女学院大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

福岡女学院大学
人間関係学部 子ども発達学科 教授
藤田 一郎 先生