動画を閉じる

筑紫女学園大学 現代社会学部 現代社会学科 花野 裕康 准教授

超奥が深い!コミュニケーションのふしぎ

超奥が深い!コミュニケーションのふしぎ

筑紫女学園大学 
現代社会学部 現代社会学科

花野 裕康 准教授

30分のミニ講義を聴講しよう!邦ロック進化論

メジャー、インディーズを問わず今や数えきれないほどの邦ロックバンドが存在しています。中にはワンオクのように世界的に活躍しているバンドもいます。では誕生以来半世紀たつ邦ロックは、どのような進化を遂げたのでしょうか。社会的背景とともに考えます。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

社会学って何?と若い人によく聞かれます。何でもあなたの関心があることを1つ取り上げて、それをコミュニケーションの観点から考えることによって、社会学的な研究の第一歩を踏み出すことができます。
例えば、好きなアーティストとファンであるあなたとの関係も立派なコミュニケーションと規定できます。そこから社会学的な考察を進めていけます。もし、こういった社会学や、身近なところからさまざまな問題について考えることに興味を持っているなら、ぜひ一緒に勉強しましょう。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

筑紫女学園大学

筑紫女学園大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようミュージシャンと観客の関係から、若者や社会のあり方を考察する

流行歌手と観客の関係を社会学的に考察 社会学的に考えるとはどういうことでしょうか? 流行歌手と観客の関係で考えてみましょう。舟木一夫の『高校三年生』がヒットしたのは1960年代でした。ファンは歌が終わってからキャーという悲鳴を発するのがせいぜいでした。ところが70年代に入ると、観客は歌の中で「アッコー!」「GO!GO!」などという掛け声を入れるようになります。次第に参加型の観客が増えていきました。歌手側もそれを取り込み、ジャニーズの嵐のように、観客にも歌うことを促すようになっています。 一方的な関係から観客とミュージシャンの一体化へ これはコミュニケーション形態の変化です。歌を「一方的に観客に聴かせる」関係から、「両者が一体化すること」への変化と見ることができます。この一体化はさらに進み、それ自体が目的化する現象も現れています。歌詞からはメッセージ性がなくなり、極端な場合、意味不明な歌詞が作られています。また、ゴールデンボンバーのようにボーカル以外は演奏をしない「ミュージシャン」もいます。観客の側も、掛け声をさらに進化させた「MIX」という独自のコールで歌を盛り上げる人たちもいます。アーティストと一体になり、つながること自体に自分らしさを見いだす人が増えてきたのです。 社会学は社会現象を意味づけする学問 つながることを重視する若者は、調査によると1990年代に増えはじめました。彼らの特色は、自分らしさが1つではなく複数あることです。場面によって、相手によって適切な自分らしさを選択します。そこでは、その都度の相手とのつながりを優先することで自らの立ち位置を常に調整する必要があり、その結果自分らしさの多元化が進んでいます。
スマホのLINEに流れる一見無意味な内容や、学校でランチを1人で食べることを恥ずかしいと思う感情などは、このようなつながりを重視する意識から生まれます。社会学はこの例のように、多くの人が理解できないことや当然だと思っている現象を、新しい見方で意味づけする学問なのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

社会学って何?と若い人によく聞かれます。何でもあなたの関心があることを1つ取り上げて、それをコミュニケーションの観点から考えることによって、社会学的な研究の第一歩を踏み出すことができます。
例えば、好きなアーティストとファンであるあなたとの関係も立派なコミュニケーションと規定できます。そこから社会学的な考察を進めていけます。もし、こういった社会学や、身近なところからさまざまな問題について考えることに興味を持っているなら、ぜひ一緒に勉強しましょう。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

筑紫女学園大学

筑紫女学園大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

筑紫女学園大学
現代社会学部 現代社会学科 准教授
花野 裕康 先生