動画を閉じる

東北学院大学 文学部 教育学科 ※2018年4月開設 稲垣 忠 教授

AI時代を生きる子どもたちを育てる

AI時代を生きる子どもたちを育てる

東北学院大学 
文学部 教育学科 ※2018年4月開設

稲垣 忠 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!AI時代をたくましく生きる子どもを育てる

今の小学生が社会に出て活躍するのは2030年以降。情報化、少子高齢化、グローバル化が進む中で、子どもたちが自分自身と地域社会に希望を持って成長するために教師・学校にできることは何かを、授業デザイン、情報教育の研究成果をもとに解説します。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

小学校の先生は、子どもたちの学びを支え、成長を見守りながら自分も成長できる素晴らしい仕事です。グループ活動やICT(情報通信技術)の活用など、授業の仕方を工夫して、質の高い、魅力ある授業をめざす創造性のある職場でもあります。
先生になりたいと考えているのであれば、あなた自身が学び方をしっかり身につけていることが大切です。今から好きなことを見つけて、とことん突き詰め、掘り下げてみましょう。自分の力を精一杯発揮してみましょう。深く学ぶ力のあるあなたが、豊かに学ぶ子どもたちを導き・育てるモデルになります!

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

東北学院大学

東北学院大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようAI時代に生きる子どもを育てる情報教育とICTの活用

ICT活用は、デジタル社会の学びの形 タブレットやスマートフォンは小学生にとって身近な存在です。教育現場でも、ICT(情報通信技術)の積極的な導入は、デジタル社会の学びの形として必然です。子どもたちはすでに文房具と同じように、タブレットやスマートフォンを家庭で使っています。使いすぎ、課金やネットいじめなどのトラブルを避けつつ、それを学びの道具として活用できれば、学力の向上にもつながります。先生たちは進化の早い情報社会にどう対応したらよいのか戸惑いながらも、新しい取り組みを次々と生みだしています。 AI(人工知能)は子どもの学習を助けるか タブレットで学ぶ算数ドリルなどの教材があります。問題を解くと自動採点し、間違った子どもには、苦手な領域を分析し克服するための問題が、問題を解けた子には、次のステップへ進む問題が配信されます。近年、AIを導入することで、より適切な出題やアドバイスをする仕組みの研究が進んでいます。これなら自分に合ったレベルの学習を自分のペースで進められます。ただ、そうすると教師の役割はどうなるでしょうか。子どもたちはなぜ学校に通うのでしょうか。AIで進化するデジタル教材を生かしつつ、人間だからできる先生の役割、学校の意義が問われています。 未来社会で活躍する子どもを育てる いま小学校で学ぶ子どもたちが社会に出て活躍するのは2030年以降です。情報化・少子化・グローバル化はますます進むでしょう。ひとり一人が自分の頭で考え、さまざまな文化の人と関わり合いながら生きていくことが求められます。自ら情報を集めて、考え、人に伝わるように工夫するといった「情報活用能力」は、未来社会で自ら学び、賢く生きる力として、その育成が注目されています。
とはいえ、読み書きや計算も生きていく基礎として欠かせません。どんな力を大事に、どのように教え、どのような教材や道具が役に立つのか、未来を展望しながら目の前の子供たちのためにできることを考える、とてもエキサイティングな研究が展開されています。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

小学校の先生は、子どもたちの学びを支え、成長を見守りながら自分も成長できる素晴らしい仕事です。グループ活動やICT(情報通信技術)の活用など、授業の仕方を工夫して、質の高い、魅力ある授業をめざす創造性のある職場でもあります。
先生になりたいと考えているのであれば、あなた自身が学び方をしっかり身につけていることが大切です。今から好きなことを見つけて、とことん突き詰め、掘り下げてみましょう。自分の力を精一杯発揮してみましょう。深く学ぶ力のあるあなたが、豊かに学ぶ子どもたちを導き・育てるモデルになります!

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

東北学院大学

東北学院大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

東北学院大学
文学部 教育学科 ※2018年4月開設 教授
稲垣 忠 先生