動画を閉じる

福島大学 経済経営学類 企業経営専攻 奥本 英樹 教授

不確実性とビジネスの本質

不確実性と
ビジネスの本質

福島大学 
経済経営学類 企業経営専攻

奥本 英樹 教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!不確実性とビジネスの本質

皆さんは未来を考える時どんな気持ちになりますか? ワクワクすると同時に不安になったりもしますよね。この「ワクワク」や「不安」こそ不確実性の本質です。講義ライブでは「不確実性とは何か」そしてそこからわかる「ビジネスの本質」についてお話しします。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

「コーポレート・ファイナンス」という言葉は、聞き慣れないかもしれませんが、非常に面白い学問です。この学問は不確実性というものを取り扱います。不確実性についてきちんと考えることは、人生においても、とても役に立ちます。
人間は生きている間には必ず失敗もします。「失敗は決して悪いことばかりではない」と聞いたことがあるかもしれませんが、なぜ失敗が悪いことでないのかは、不確実性というものに向き合った時、初めてよくわかります。こういったテーマに興味があれば、一緒に学びましょう。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

福島大学

福島大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようビジネスでも人生でも鍵を握るキーワードは「不確実性」

現在において未来を扱う学問 企業の資金調達や投資について研究する「コーポレート・ファイナンス」という学問は、ビジネスの世界において、「将来得られるリターン(収益)のために今どんな意思決定をすべきか」について考えるものです。いわば、現在において未来を扱う学問とも言えます。
この分野で重要なキーワードが、「不確実性」です。ビジネスで何かを目標に設定して行動を起こそうとする時、その目標を達成できる確率がわかれば、実際に行動を起こすべきかどうかを意思決定できるからです。
「ミッション」「ソリューション」「ビジョン」 ビジネスの世界ではまず、ある「ミッション(使命)」について、なぜそれをやるべきなのかをしっかりと考えなければなりません。次に、そのミッションの達成に必要な「ソリューション(解決策)」として、商品やサービスなど、世の中に足りない「不」を埋めるためのものを考えます。そして、そのソリューションによってミッションが達成されると、社会がどう変わっていくかという「ビジョン(構想)」を描くことも大切です。このように考えると、ビジネスの世界では、時間は未来から現在に向けて流れているととらえることもできます。 決め手となるのは情報量 ビジネスにおける不確実性について検討する際、決め手となるのは「情報量」です。行動を起こす前の段階で、今直面している不確実性の正体を見極め、それにレレバント(関連性)のある情報をいかに的確に収集するかが重要なのです。
また、不確実性に対する理解は、ビジネスだけでなく人生にも役立てることができます。何かをめざす「未来」を決めれば、それに向けて「現在」何をすべきかが決まります。時には失敗するかもしれませんが、同じ失敗をくりかえさないように学んで軌道修正しながら進み続ければ、いずれ失敗する原因はなくなり、必ず何らかの目標に到達できます。そうなれば失敗の経験も、肯定できる「過去」になるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

「コーポレート・ファイナンス」という言葉は、聞き慣れないかもしれませんが、非常に面白い学問です。この学問は不確実性というものを取り扱います。不確実性についてきちんと考えることは、人生においても、とても役に立ちます。
人間は生きている間には必ず失敗もします。「失敗は決して悪いことばかりではない」と聞いたことがあるかもしれませんが、なぜ失敗が悪いことでないのかは、不確実性というものに向き合った時、初めてよくわかります。こういったテーマに興味があれば、一緒に学びましょう。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

福島大学

福島大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

福島大学
経済経営学類 企業経営専攻 教授
奥本 英樹 先生