動画を閉じる

岩手医科大学 薬学部 薬物代謝動態学講座 小澤 正吾 教授

病から私たちを救う薬の仕事

病から私たちを救う
薬の仕事

岩手医科大学 
薬学部 薬物代謝動態学講座

小澤 正吾 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!病気の治療を助ける分子「薬」を知ろう

かぜをひいたときにドラッグストアで薬を購入されることがあると思います。薬の形は、粉、錠剤、カプセル、いろいろでしょう。その中には何が入っていて、どれがどのように効くのでしょうか。病気の治療を助ける薬について、いろいろな見方でお話しします。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

グレープフルーツジュースで薬を飲んではいけないというのを聞いたことがありませんか? 実際にジュースの成分で血圧の薬が効きすぎ、それで副作用が出ることがあるのです。このように日常のありふれたものが薬の効果を変えることがあります。薬剤師は、カウンターで患者に聞き取りをすることが大切です。患者の使うサプリメントや食生活が変わるだけで調子が悪くなることもあるからです。薬学部で勉強し、薬の効き目が出る場合、出ない場合を見極め、患者を副作用から救えたら素晴らしいと思いませんか?

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

岩手医科大学

岩手医科大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう外から見えない薬の効き方を知ろう!

飲んだ薬は体の中でどうなるの? 口から飲んだ薬は体の中でどうなって効果が出るのでしょうか? 薬の成分は小腸から肝臓を通り、全身に送り出されます。その際、あらゆる物質が全身に送られるわけではありません。関所の役割をするタンパク質が毒物や体に影響のある物質は通さないようにしているのです。一方、全身から肝臓を通り、腸のひだへと戻される動きをする場合もあります。このように、薬を作る際には、どの程度壊され、どの程度残って体の中を回っていくかを考えなければなりません。 肝臓での分解と遺伝子の問題 肝臓で薬を分解する酵素の設計図にあたる遺伝子によって問題が起こることがあります。「遺伝子多型」と呼ばれる、一部の塩基配列が異なっている人の場合、分解する酵素のアミノ酸配列に影響が出ます。ある1、2カ所が違うだけで薬の成分が分解しにくくなり、飲み過ぎと同じ状態になって副作用が出やすくなるのです。これは外から見てもわからず、しかも1000人に1人程度の割合でしか起こらないものがあるので見落とされがちな問題ですが、抗がん剤のような強い薬の場合、患者の体への影響も大きくなります。例えば「ゲムシタビン」という抗がん剤を使った際に予期せぬ強い副作用が出た患者を調べてはじめて、CDA(シチジン脱アミノ化酵素)の配列に異常があり、薬の血中濃度が普通の患者の2倍にもなったことがわかったケースがあります。遺伝子と薬品の分解の問題は、薬によって、また遺伝子によって異なり、ほかの薬では出ないパターンも多いので見極めが難しいのです。 がん細胞の働きを抑える 薬の分解の問題には、まだまだ解明されていないことも多くあります。例えば体の中で増殖するがん細胞自体が、薬物を分解して効かなくしてしまうケースもあるのです。そのためがん細胞が薬物を勝手に分解するのを抑える薬の開発も進んでいます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

グレープフルーツジュースで薬を飲んではいけないというのを聞いたことがありませんか? 実際にジュースの成分で血圧の薬が効きすぎ、それで副作用が出ることがあるのです。このように日常のありふれたものが薬の効果を変えることがあります。薬剤師は、カウンターで患者に聞き取りをすることが大切です。患者の使うサプリメントや食生活が変わるだけで調子が悪くなることもあるからです。薬学部で勉強し、薬の効き目が出る場合、出ない場合を見極め、患者を副作用から救えたら素晴らしいと思いませんか?

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

岩手医科大学

岩手医科大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

岩手医科大学
薬学部 薬物代謝動態学講座 教授
小澤 正吾 先生