動画を閉じる

立正大学 文学部 文学科 英語英米文学専攻コース 冨山 太佳夫 教授

英語のマンガ週刊誌を見よう、読もう

英語のマンガ週刊誌を見よう、読もう

立正大学 
文学部 文学科 英語英米文学専攻コース

冨山 太佳夫 教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

英米文学の作品の日本語訳は何通りもあります。英語の問題集の解答に出てくる訳だけが必ずしも正解ではありません。使える英語を身につけるためには、教科書の英語を「手で書き写す」ことを勧めています。そして、基本的な英語を読み、話す練習をすることです。
英語を習得すると、世界中のさまざまな国や地域、さまざまな領域(報道や哲学、ファッションなど)とつながることができます。多少の発音や文法上の誤りを恐れずに、あなたの夢を叶えるコミュニケーションの手段として、英語を活用してください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

立正大学

立正大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう「グローバル文学」は、どのようにして生まれたか?

ここ半世紀で激変した英米文学の読み方 1960年頃から、フランス・ドイツを中心として、文学作品の読み方が激変したことを知っていますか? それまでのように作品から人生を学ぶだけでなく、その作品に描かれた歴史や理論も合わせて解釈されるようになったのです。当時の日本の研究者で、その流れを理解し、いち早く取り入れようとする人はごくわずかでした。 「嵐が丘」のヒースクリフは黒人だった 例えば、チャールズ・ディケンズには『クリスマス・キャロル』(1843年)という作品がありますが、もともとイギリスには今のような形でクリスマスを祝う習慣はありませんでした。こうした風習は、1840年代に、ある人物がドイツから取り入れて広まったもので、その後、上流階級から庶民までみんなで祝う文化行事として定着しました。
また、エミリー・ブロンテの『嵐が丘』(1847年)の登場人物であるヒースクリフは、その話し言葉を分析した結果、黒人だったことが明らかになっています。こうした事実は、単に作品を読むだけではわからないことで、英米文学を歴史や理論も合わせて解釈するとは、そういった読み方をすることなのです。
英語は世界の言語、「グローバル文学」の誕生 かつては、「シェイクスピアは高尚で、推理小説は低俗」とみなされていましたから、大学の英文科の授業で、コナン・ドイルの推理小説のシャーロック・ホームズ・シリーズを取り上げるなど、考えられないことでした。しかし、時代は変わり、幅広いジャンルの読み物が研究されるようになりました。英語が世界言語として認識されるようになった結果、近年では、カナダやジャマイカ、アフリカ、インド、オーストラリアなど、各国の精鋭の作家が英語を用いて優れた文学を発表し、話題を集めています。彼らの多くは欧米に留学して学んだインテリ層ですが、こうした文学を「グローバル文学」と呼び、新しい英米文学の重要潮流となっているのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

英米文学の作品の日本語訳は何通りもあります。英語の問題集の解答に出てくる訳だけが必ずしも正解ではありません。使える英語を身につけるためには、教科書の英語を「手で書き写す」ことを勧めています。そして、基本的な英語を読み、話す練習をすることです。
英語を習得すると、世界中のさまざまな国や地域、さまざまな領域(報道や哲学、ファッションなど)とつながることができます。多少の発音や文法上の誤りを恐れずに、あなたの夢を叶えるコミュニケーションの手段として、英語を活用してください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

立正大学

立正大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

一覧へ戻る