動画を閉じる

杉野服飾大学 服飾学部 服飾学科 鈴木 桜子 准教授

ファッションの不思議。~服飾のルーツ~

ファッションの不思議。~服飾のルーツ~

杉野服飾大学 
服飾学部 服飾学科

鈴木 桜子 准教授

30分のミニ講義を聴講しよう!ファッションの不思議。~服飾のルーツ~

ファッションは私たちにとって一番身近なもの。それだけに立ち止まって考えてみることが少ないのでは? なぜ男性はズボン? 女性はスカート? なぜウエストを細く見せたいの? なぜハイヒールを履くの?などいろいろなファッションの不思議について考えてみます。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

ファッションに興味を持って大学や学校を選んだり、仕事にしていきたいと考えているのであれば、ファッションの将来がどうなっていくのか考えてみてください。その将来こそ、これからあなたが担っていくわけですから!
そのためには、例えば歴史の勉強は必須です。現代を知るためには過去を振り返らなければなりませんし、未来もまたその歴史の蓄積の上に出来上がっていくからです。未来は誰にもわかりませんが、理想も含めて、これからどうなっていくのか考えることはとても楽しいですよ。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

杉野服飾大学

杉野服飾大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようファッションの歴史を読み解く! ~西洋服飾文化史~

ファッションの歴史はヨーロッパにあり! 洋服の歴史は古代ギリシアの時代にまでさかのぼることができます。そもそも洋服というのはヨーロッパの服なので、ファッションの世界をめざしたいのであれば、ヨーロッパの服飾文化を学ばなければなりません。服はその地域の文化や社会、宗教などと密接につながっています。例えばキリスト教文化は、洋服の歴史にとってとても重要です。また、イスラム教はイスラム教で、全然違う衣服文化を持っていることはイメージできるでしょう。 宗教の影響を受けた中世の服 今の服はジャケットを考えてみても、袖があったりポケットがあったりしてすごく複雑なつくりをしています。しかし古代には一枚の布を巻きつけていただけでした。また男性の服と女性の服も、最初ははっきりとは分かれていませんでした。それが古代の多神教からキリスト教の時代に変わっていくところで、服飾の文化のとらえ方がガラリと変わります。そして、中世ぐらいからは、例えば男性はズボンに、女性はスカートになっていきます。つまり、ファッション自体が性別を意識した表現になっていくのです。キリスト教文化では、「女性は脚を隠しなさい。男性は逆に、立派に、魅力的に見せなさい」という考え方があらわれてきます。 大衆・庶民が活躍する近代の服 近代になるとまた社会の構造が大きく変わります。それまでは王侯貴族のための時代でしたが、市民の時代になって、もののあり方自体が変わってくるのです。そして現代の生活文化は19世紀にできてきたと言われていますが、ファッションも大衆のためのものとなってきて、デザインが大きく変わります。
例えば女性の装いは、動きやすい機能的な服に変わります。それまでぎゅーっと腰回りを締めていたコルセットが消えていくのです。これは女性の社会における存在自体が、大きく変化したことのあらわれでもあります。そして20世紀になると女性の服飾文化に革命を起こしたシャネルが登場してくるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

ファッションに興味を持って大学や学校を選んだり、仕事にしていきたいと考えているのであれば、ファッションの将来がどうなっていくのか考えてみてください。その将来こそ、これからあなたが担っていくわけですから!
そのためには、例えば歴史の勉強は必須です。現代を知るためには過去を振り返らなければなりませんし、未来もまたその歴史の蓄積の上に出来上がっていくからです。未来は誰にもわかりませんが、理想も含めて、これからどうなっていくのか考えることはとても楽しいですよ。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

杉野服飾大学

杉野服飾大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

杉野服飾大学
服飾学部 服飾学科 准教授
鈴木 桜子 先生