動画を閉じる

愛知教育大学 教育学部 現代学芸課程 日本語教育コース 上田 崇仁 准教授

日本語を教えるって、何を教える?

日本語を教えるって、
何を教える?

愛知教育大学 
教育学部 現代学芸課程 日本語教育コース

上田 崇仁 准教授

30分のミニ講義を聴講しよう!「写真を撮ってください」にどう答える?

日本語教育の場で、「日本語を分析する」能力はとても重要です。文法的なミス、発音のミス、表記のミス、その指導の基盤にあるのが、「日本語を分析する」能力です。講義ライブでは、具体的な表現から「日本語を分析する」ことの面白さをお話しします。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

外国語が苦手でも、語学や言葉に関することを仕事にできるのが日本語教師です。製造業が活発なエリアを中心に、勉強や働くために日本に来る外国人やその子どもは増加の一途をたどっていますし、地域社会や夜間学校、看護・介護といった職場、少年院など、さまざまなシーンで「日本語を教えられる人材」へのニーズは高まっています。
今、政治や文化、経済、観光、地域のことなど、あなたの興味のある分野の知識を得て、どんどん伸ばしていってください。その経験は、どの道に進むにしても必ず生かすことができます。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

愛知教育大学

愛知教育大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようわかる! 使える! 外国人が理解できる日本語教育とは

教科書通りに教えても誤解される? 日本語がまったくわからない外国人に対して、あなたなら日本語をどのように教えますか? 日常会話や文法など教えることはたくさんあるでしょう。大切なのは、外国人本人がある場面にぶつかったとき、自分自身で判断して実際に使えるようになることです。例えば、日本語学習初心者は「止まれ、といった命令形は目上の人が下の人に使う」と説明しても、「目上の人とは誰か、いつ使うのか」といった具体的な状況がわからないと使えません。教科書通りに教えるだけでは、間違った認識をさせてしまうこともあります。
理解することには、誤解も含まれます。教科書通りの解答が導き出せたとしても、それが「話せる、使える」と同じではないことを知っておくべきです。
日本語の、使い分ける言葉の難しさ 何気なく使っている日本語の使い分けも、使い分けのポイントを言葉にして伝えるというのは、難しいものです。例えば「先輩に送ってもらった」「先輩が送ってくれた」「先輩に送られた」という3つの言い方の違いはどうでしょうか。「先輩の車でうちに帰った」という事実の部分はどれも同じです。でも、「送ってもらった」という表現、「送ってくれた」「送られた」というそれぞれの表現には、それを話す人の気持ちが強く反映されています。「先輩の車でうちに帰った。でも迷惑だった。」ということを一文にしたのが「先輩に車で送られた」という文で、それを聞いた人は、「大変だったね」と答えることになり、会話は続いていきます。日本人には当たり前でも、文化の違う外国人には理解しにくいことがたくさんあるのです。 実際に使ってもらうことが大切 そして、教える側の日本語教師は、日常の日本語を分析して理解する必要があります。時には「てへぺろ」といった若者言葉を解説することもあります。
今後は、外国人留学生や労働者がますます増えていく時代です。学ぶ側の視点に立って、「使える日本語」を教えられる力が日本語教師に求められるでしょう。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

外国語が苦手でも、語学や言葉に関することを仕事にできるのが日本語教師です。製造業が活発なエリアを中心に、勉強や働くために日本に来る外国人やその子どもは増加の一途をたどっていますし、地域社会や夜間学校、看護・介護といった職場、少年院など、さまざまなシーンで「日本語を教えられる人材」へのニーズは高まっています。
今、政治や文化、経済、観光、地域のことなど、あなたの興味のある分野の知識を得て、どんどん伸ばしていってください。その経験は、どの道に進むにしても必ず生かすことができます。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

愛知教育大学

愛知教育大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

一覧へ戻る

愛知教育大学
教育学部 現代学芸課程 日本語教育コース 准教授
上田 崇仁 先生