動画を閉じる

奈良女子大学 文学部 人文社会学科 西村 さとみ 准教授

歴史のなかの大和と吉野

歴史のなかの大和と吉野

奈良女子大学 
文学部 人文社会学科

西村 さとみ 准教授

30分のミニ講義を聴講しよう!歴史のなかの大和と吉野

大海人皇子・源義経・後醍醐天皇など、時の政権に抗した人々は吉野に向かいました。また古代の都は、その北に広がる盆地につくられました。交通の便の決して良くない奈良県中南部が、なぜ歴史の重要な舞台となったのかを考え、私たちの歴史像を問い直します。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

「歴史学」は、自分たちから切り離された「過去の出来事について詳しく知る学問」、そう思っている人も多いかもしれませんが、私は少し違うのではないかと考えています。
過去に生きていた人たちと私たちとは違うところも多いけれど、ある意味では同じようにものを考えたり、感じたりしているのです。そのことを忘れずに、「今の私たちは、一体どうしてこんなふうに生きているのか」を問い直す学問として、歴史を研究していきたいと思っています。ぜひ一緒に学びましょう。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

奈良女子大学

奈良女子大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう『万葉集』の風景? 歴史遺産? あなたにとっての奈良はどっち?

『万葉集』と奈良の都 『万葉集』は、現在まで伝わっている日本最古の歌集です。平安時代の勅撰和歌集『古今和歌集』などと比べると、天皇や貴族とともに下級官人や防人(さきもり)などいろいろな身分の人が詠んだ歌が入っていて「国民歌集」と評価されたこともあります。
万葉の歌が詠まれた当時、奈良にはどんな風景が広がっていたのでしょうか。たくさんの建物が並ぶ都が目を引きそうなものですが、それらはほとんど詠まれず、都をつくった天皇を讃える時も、「豊かな自然に囲まれたすばらしい都」を詠むという方法がとられています。
江戸時代の奈良ガイドは『古今和歌集』 実は、明治時代を迎えるまでは『古今和歌集』の方が重視されていて、江戸時代のガイドブックともいえる名所図会でも『古今和歌集』や『新古今和歌集』の歌とともに奈良が紹介されてきました。しかし、時の流れとともに多くの人が奈良を「万葉のふるさと」としてイメージするようになります。万葉歌人の心を映す風景としての自然、田園風景を楽しみ、歌碑を巡る「万葉旅行」が形成されていく過程を探るのも興味深い研究テーマです。 あなたも歴史をつくっている 一方で、平城宮跡に復元された建物や社寺、仏像などの歴史遺産が多く残されている場所が奈良だという見方もあります。『万葉集』に代表される奈良の自然の風景よりもそれらに多くの目が向けられるようになっているとしたら、「奈良の役割」も変化してきているのかもしれません。
そういうことを考えていくと、実は、私たちも歴史の流れの中にいて、歴史をつくる主体そのものであるという実感が湧いてきそうです。歴史を学ぶということは、「こんなことがこの時代にありました」と、単に過去を見るのではなく、あるものへの関心を時間との関わりでとらえ直し、それが「今、なぜこんな形で存在しているのか」について考え、さらに社会の中での自分を見直すことなのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

「歴史学」は、自分たちから切り離された「過去の出来事について詳しく知る学問」、そう思っている人も多いかもしれませんが、私は少し違うのではないかと考えています。
過去に生きていた人たちと私たちとは違うところも多いけれど、ある意味では同じようにものを考えたり、感じたりしているのです。そのことを忘れずに、「今の私たちは、一体どうしてこんなふうに生きているのか」を問い直す学問として、歴史を研究していきたいと思っています。ぜひ一緒に学びましょう。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

奈良女子大学

奈良女子大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

西村 さとみ 先生の他の夢ナビ講義
1分動画
平安時代からすでに「奈良は日本の心のふるさと」だった! 夢ナビ講義を見る
このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

奈良女子大学
文学部 人文社会学科 准教授
西村 さとみ 先生