動画を閉じる

島根大学 生物資源科学部 環境共生科学科 ※設置認可申請中 山口 啓子 教授

里海~川と海をつなぐ生態環境と人間の共存

里海〜川と海をつなぐ
生態環境と人間の共存

島根大学 
生物資源科学部 環境共生科学科 ※設置認可申請中

山口 啓子 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!里海~川と海をつなぐ生態環境と人間の共存

海と陸とは河川を通じてつながっており人間はその恵みを受けてきました。人間が手を加えることで維持される豊かな「里海」の重要性、それを理解するための魚や二枚貝を用いた環境解読の研究例を紹介し、汽水域の豊かさと人間活動との共存について講義します。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像

島根県には、宍道湖(しんじこ)、中海(なかうみ)など豊かな自然環境があります。水環境と生物に興味のある学生にとってはきっと面白いフィールドとなるでしょう。水環境は人間の影響を受けやすく、私たちの努力次第で良くも悪くもなります。
私は、自然や生物のメカニズムから学び、人間がいかに手を加えて良好な水域環境を作るかという研究していますが、あなたは、例えば「里海」などの研究をするのもいいでしょう。現在ある地域の課題を改善し、良い方向へつなげていく方法を考えるような人に育ってほしいと願っています。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

島根大学

島根大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう里海~川と海をつなぐ生態環境と人間の共存~

里海の危機 海と陸は河川を通じてつながっています。古来、人間は川や海の自然を守りながら、魚介類や海草といった恵みを受け取り、豊かな「里海」を維持してきました。ところが、産業が発展し人間の暮らし方が変わる中で、干潟の開拓や堤防の建設などにより、川と海が分断され、川の流れや潮の満ち引きにより行来していた生物たちの移動が妨げられるなど、水環境の生態系は大きな影響を受けました。人間と水生生物が共存する豊かな「里海」を取り戻すために、貝や魚の生態と環境との関わりを読み解く研究が進められています。 中海のサルボウ貝「復活大作戦」 1990年代、全国的に公共事業が見直され、中海でも水域を農地に変える工事存続をめぐり激論が交わされ、2005年中止が決まりましたが、水環境の悪化で生物は激減していました。中海は工事の影響で海水の流入が減少し、酸素が不足する水域となり、かつて名物であった、サルボウ貝は絶滅の危機に瀕していました。
ところがサルボウ貝は、ヘドロにより貧酸素化した中海のわずかに海水が出入りする付近でひっそりと生きていたのです。これは、サルボウ貝が貧酸素に強く捕食生物がすめない過酷な水環境に生息することによります。この特徴と豊富な植物プランクトンを利用して、現在、試験養殖が行われるまでになり、2016年は約7トンが収穫されました。中海では、今もさまざまに条件を変えた養殖試験が続けられています。
二枚貝の貝殻から環境履歴を読み解く 水域を豊かな「里海」として人と共存させていくためには、サルボウ貝のような水域の環境に適した生物を漁獲することが必要です。二枚貝は成長過程が筋のような跡として貝殻に刻まれます。この筋から貝の年齢を推測でき、断面を観察するとどのような環境で過ごしたかがわかります。
かつて中海がどんな環境で、サルボウ貝が豊富にとれていたのか、その環境を貝殻に刻まれた成長の記録から読み解く方法を開発し、どのような環境を作っていくべきかという地域課題の解決を模索する研究が進められているのです。

先生からのメッセージ

先生画像

島根県には、宍道湖(しんじこ)、中海(なかうみ)など豊かな自然環境があります。水環境と生物に興味のある学生にとってはきっと面白いフィールドとなるでしょう。水環境は人間の影響を受けやすく、私たちの努力次第で良くも悪くもなります。
私は、自然や生物のメカニズムから学び、人間がいかに手を加えて良好な水域環境を作るかという研究していますが、あなたは、例えば「里海」などの研究をするのもいいでしょう。現在ある地域の課題を改善し、良い方向へつなげていく方法を考えるような人に育ってほしいと願っています。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

島根大学

島根大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

島根大学
生物資源科学部 環境共生科学科 ※設置認可申請中 教授
山口 啓子 先生