動画を閉じる

桃山学院教育大学 教育学部 教育学科 鎌田 首治朗 教授

本物の教師とは

本物の教師とは

桃山学院教育大学 
教育学部 教育学科

鎌田 首治朗 教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!教育には○○はない~教育とは、教師とは?

教育というものを対象にする教育学は、教育のあり方を探る学問です。では、その教育とは、教師とはいかにあるべきなのでしょうか? 「教育には○○はない」という問いを通して考えてみましょう。将来、教師をめざすかもしれないあなたとあなたとあなたと共に。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

社会に出れば「あなたは責任を持って仕事ができる人なのか」「あなたは信用、信頼できるだけの人なのか」と、問われるものはあなた自身であり、あなたの人間性になります。もし、このことを忘れて、多くの人にとって最後の学校となる大学で自分磨きを怠るようなことになれば、現実の大きな波に飲み込まれて、自分の進むべき道を決められなかったり、せっかく教員採用試験に合格しても早々に退職したりということにもなりかねません。人間教育学は、この現実から目をそらしません。私と一緒に考えてみませんか。自分自身のことを。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

桃山学院教育大学

桃山学院教育大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう「先生になりたい!」~教師に求められるもの~

教師をめざす者の悩み 教育学部に進学しても、自分が教師になるかどうか、向いているかどうかを悩む学生は決して少なくありません。教師という仕事の責任の重さがわかればわかるほど、自分に自信がなくなっていくものです。自分の弱さと向き合うことは難しいからです。そして、多くの人は悩んでいる自分を否定したり責めたりします。自分に自信をもつことは難しいからです。ですから、他人の目が気になり、失敗しないか心配になり、ますます苦しくなります。悩みとは、そういうものです。 不可欠な「自分磨き」 悩みには、自分の弱さが表れます。自分らしさがわからず、そして他人の目が気になったり、結果が気になったりするのです。そして、それは教師になってから自分が教壇で直面することになる重大な問題においても同じです。「人間教育学」は、こう考えます。とりわけ教育が与える難問、重要な問題には、誤りはあってもただ1つの「正解」はなく、多くの人に支持してもらえる安心できる答えもありません。その代わりにあるのは、うまくいくかわからない、しかし自分にはこの答えしかないといった「自分の答え」だけです。そこには、自分が表れます。つまり、質の高い答えは質の高い自分をつくらない限りつくれない――人間教育学はそう考えます。自分をしっかりとつくらないと、自分の弱さに飲み込まれてしまい、子どもたちを裏切ることにもなりかねません。つまり、人間としてのあり方が問われる教師にとって、自分を磨くことは不可欠なのです。 人間教育学の思想 人間教育学は、教師を「人格の完成の道を子どもたちと共に歩もうと呼びかけ、愚直に努力する存在」としてとらえます。人間を育てるという仕事は、教師自身が人間的に成長しようと努力しなければ成し得ることができないと考えるのです。
教師をめざすためには自分を磨き、各個人が「人格の完成」に真摯に謙虚に取り組むことを重視するのが、人間教育学の考え方なのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

社会に出れば「あなたは責任を持って仕事ができる人なのか」「あなたは信用、信頼できるだけの人なのか」と、問われるものはあなた自身であり、あなたの人間性になります。もし、このことを忘れて、多くの人にとって最後の学校となる大学で自分磨きを怠るようなことになれば、現実の大きな波に飲み込まれて、自分の進むべき道を決められなかったり、せっかく教員採用試験に合格しても早々に退職したりということにもなりかねません。人間教育学は、この現実から目をそらしません。私と一緒に考えてみませんか。自分自身のことを。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

桃山学院教育大学

桃山学院教育大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

桃山学院教育大学
教育学部 教育学科 教授
鎌田 首治朗 先生