動画を閉じる

東北福祉大学 健康科学部 保健看護学科 富澤 弥生 教授

のび太のママを支援する―小児看護学の視点

のび太のママを支援する―小児看護学の視点

東北福祉大学 
健康科学部 保健看護学科

富澤 弥生 教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!のび太のママを支援する 小児看護学の視点

①のび太くんとママを例に:こどもを怒ってしまう母親の問題を説明、②小児看護学の視点:小児看護学の対象は、こどもと家族であり、親子関係改善の視点を紹介、③看護学は実践の科学:発達障がいを例にして支援の実際と、その研究結果、魅力を紹介します。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

「看護学」は実践の科学です。看護がかかわる領域は、人が生まれる前から亡くなった後までと、大変に幅広いのが特徴です。保健看護学科の現場実習では、学生5人に対して教員と病院スタッフが1名ずつつくという手厚さで、貴重な体験ができます。
人の健康を守るには、まず自らが健康でなければなりません。今のうちから、食事や睡眠などにも関心をもち、丈夫な体作りにつとめてください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

東北福祉大学

東北福祉大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう発達障がいの子どもとその家族を幸せに導くために!

のび太の子育てに悩む保護者のために 子育て中の保護者から、「忘れ物が多くて、何度言ってもちっとも治らない」という悩みをよく聞きます。こうした、『ドラえもん』に出てくるのび太くんのような子どもの中には、本人がなまけているのではなく、ADHD(注意欠如・多動症)などの発達障がいが原因の場合があります。
努力不足でできないのではないことを、いくら「もっと努力しなさい」と叱っても、状況は改善されないばかりか、保護者も子どもも「自分は子どものしつけもできない」「どうせ自分なんか、頑張ったって叱られてばかり」と自信を失って、悪循環におちいることが少なくありません。
悪循環を脱するための「ペアレントトレーニング」 「小児看護学」の視点から、こうした保護者と子どもを支援するには、まず保護者の辛さに寄り添い、子どもの症状の理解を深めてもらうことから始めます。そして「ペアレントトレーニング」によって子どもへのよりよい対応を学んでもらいます。それには「肯定的な注目」が重要です。
子どものダメなところばかりが気になって、つい叱ってしまうという態度を意識的に改めて、ほめるところを探してもらいます。最初は難しいのですが、「おはようが言えた」のような、日常のささいな言動もほめる対象です。「その場ですぐに」「視線を合わせて」「短い言葉で」「ほめるように」、などのアドバイスも行います。
看護学は目の前の人を幸せにする実践の科学 看護学は実践の科学です。トレーニング後のアンケートを分析することで、研究を深めることができます。トレーニングの結果からは、「どうせ僕なんか、といった言葉が聞かれなくなりました」「子どもといっしょに笑うことが多くなりました」「家族で和やかに過ごす時間が増えました」など、記入された言葉を丁寧に分析すると、家族全体に変化が起こってくることがわかります。専門的な知識と技術をもって、目の前にいる人の幸せの手助けができる学問が看護学なのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

「看護学」は実践の科学です。看護がかかわる領域は、人が生まれる前から亡くなった後までと、大変に幅広いのが特徴です。保健看護学科の現場実習では、学生5人に対して教員と病院スタッフが1名ずつつくという手厚さで、貴重な体験ができます。
人の健康を守るには、まず自らが健康でなければなりません。今のうちから、食事や睡眠などにも関心をもち、丈夫な体作りにつとめてください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

東北福祉大学

東北福祉大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

東北福祉大学
健康科学部 保健看護学科 教授
富澤 弥生 先生